BitCasa vs Dropbox Pro

BitCasaを一月使ってみたところで、Dropbox Proも容量アップしてサービス内容を一新してきたのでちょっと迷いましたがBitCasaの1年間のsubscriptionを購入しました。

Dropbox Proとの比較

Dropbox と比較すると以下のような感じでしょうか。

ポイントBitCasaDropboxChoice
容量1TB1TBEven
暗号化Convergent Encryption256bit AES/SSL。つまりAmazon S3の暗号化かなBitCasa
ミラーリング指定したフォルダをミラーリング可能基本DropboxというフォルダをミラーリングBitCasa
バージョン管理180日のバージョンを保存30日のバージョンを保存BitCasa
Webアクセスあり。独自のフィルター機能ありEven
速度日本からだとAmazon S3の日本リージョンを使っているらしく速い体感的に遅いBitCasa
共有ファイル、フォルダとも可能。パスワード設定も可。リンク管理は今一つファイル、フォルダとも可。パスワードや有効期限も設定可能Dropbox

Dropboxが共有機能を強化してきてパスワードの設定や「有効期限」の設定が可能なりました。もともと、DropboxはDropboxユーザーを特定した共有も可能でしたので、BitCasaよりかなり共有機能は充実したことになります。BitCasaはパスワード設定は可能ですが、共有先を管理していません。

また、どちらも共有はクライアントから可能ですが、共有状態の確認はWebインターフェイスからしかできません。Dropboxはファイル一覧から誰と共有しているかわかりますが、Bitcasaはリンクマネージャからしかできず不便です。

なんでBitCasa ?

価格体系もほぼ同じで容量も同じですが、細かく見ていくと上記のような違いがあります。個人的にはやっぱり同期モデルのPCを中心に置いたDropboxよりも、クラウド上のストレージを中心として様々なデバイスからデータを共有しようというBitCasaのほうが向いているようです。また、同期速度も速いというのも決め手です。


Comments !