ボールぺんてるのススメ

ずっと愛用しているボールぺんてるです。買いだめしていたストックがなくなったので、久しぶりに買いました。

やっぱり、この書き味は他の筆記具では味わえない独特なものです。しかも、安くてなくしても気にならない!

日本人に生まれたら、これを使いましょう。

独特の書き味

最近では珍しくありませんが、ボールぺんてるは水性ボールペンです。

しかも、ペン先のチップが金属でなくデルリンという樹脂製(ポリアセタール)です。これにより金属が紙にあたるゴリゴリした感じが一切なく、むしろ柔らかな独特の書き味になっています。水性のインクと相まって、あまり筆圧を入れなくても最初からスムーズに書き出すことができます。

また、ボールペンに比べるとペン先が柔らかいせいか、かなり寝かせて書くことができます。これにより字に抑揚がつけやすくなり、日本語の筆記に非常にマッチしています。

日本では0.6mmしか売っていませんが、これがまた絶妙な太さです。手帳にぎっしり書くのには向いていませんが、会議なのでA4くらいのレポート用紙にざっくり書きなぐっていくには丁度良い太さです。

しかも、このペンはボールペンのようにインクが重力でペン先に送られるのでなく、万年筆のように毛細管現象でペン先にインクが送られるのです。寝そべっても、逆立ちしても、ちゃんとインクが出てくるので、ずぼらな格好で考え事しながらメモを取るなんてことも平気でこなします。

安心の緑のペン

このペン、発売が1972年だそうです。

子供の時からこの形であり続けて、未だに大きなモデルチェンジもされずに販売されているところを見ると、当初のその完成度に驚きます。

独特の緑のペンは文房具店でもすぐに見つけられる特徴でした。

ただ、子供の頃からずっと売っていて普通に身近にあるものだったのであまり気づかなかったのですが、最近文房具店では大きなお店に行かないとなかなか見つけることができません。ジェルインクのボールペンや消えるボールペンなど新しいボールペンがたくさん発売されているので、定番モデルとはいえなかなかお店に置けないのでしょう。

この柔らかな書き味は一度使ってみないとわからないので、是非使ってみていただきたいです。文房具店には少しでも良いのでお店に置いて、皆さんに紹介してもらいたいです。

私は、今ではほとんどAmazonで購入していますが、もっとみんなが使って定番としてもっとみんなに愛されるペンになってほしいです。


Comments !