食堂アサノ

水天宮前駅からほど近い場所にあり、私のオフィスにもほど近い食堂アサノに行ってきました。6月にオープンだったらしいのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

絶品の「豚つけやき丼」

今回、豚つけやき丼の定食をいただきました。

豚つけやき丼

ちょっと遅い時間だったのですが、作り置きでなくちゃんと調理していました。豚肉は肉厚はほどほどですが柔らかく脂が程よく乗っており焼き加減もいい感じです。タレは甘辛く豚の甘みをさらに引き立たせてくれますが、北海道の豚丼よりは味はあっさりしています。

豚つけやき丼 with 温泉卵

そこに温泉卵が乗っているのですが、この茹で加減が絶品でした。黄身をつつくと固まってるでもない、生でもない絶妙な茹で加減で「とろり」と豚肉とご飯の上に広がります。あっさり目のタレと豚肉の甘みにこの君の濃厚さが加わることで、見た目だけで「これはうまいぞ!」という脳内信号が発せられるのがわかります。

セットの味噌汁とお新香、かぼちゃの煮込みとともに、ペロリといただけました。かぼちゃの煮込みはサラダや他の小皿と日や時間帯によって変わるようです。

ご飯は残すつもりだったのですが、豚肉で包んでいただくとあまりに美味しく、しかもあっさりしており、気がつくと完食していました。

他に昼食メニューでは、豚そぼろ丼、グリーンカレーや、アジフライ、照り焼きつくねなどもありました。日替わり定食はこの日は終わっていましたが、肉じゃがだったようです。

オフィス街で貴重な「食堂」

周りはオフィスが多い場所ですが、丁度オフィス街とマンションの間で隅田川にもほど近く、ちょっとした空白地帯間もある場所です。そんな場所にあるこの食堂は近隣のオフィスワーカーにとっては、普通の昼食がいただけるちょっとした穴場かもしれません。

経営が同じかどうかわかりませんが、この場所は以前もお弁当の販売をしており、お弁当を購入すると中のテーブルでその弁当をいただいても良いというお店でした。

現在も店頭でお弁当の販売はなされていますが、食堂の中はお弁当でなくちゃんとしたメニューから注文するスタイルになっています。お店の内装もシンプルですが、本格的「食堂」風に改装されてきれいになりました。

妙に豚が多いなと思ったら、北海道当別町にある浅野農場の豚肉や野菜を使ってるらしく、夜は北海道のワインやビールなども出しているようです。

お弁当も丁寧に作ってあるので、期待できます。お店のFacebookを見ると、ロケ弁の仕出しもされているようなので、お弁当のクオリティもなかなか良さそうです。お弁当だと600円前後です。

お店で食べると800円から950円の価格なので、同じものがお弁当でいただけると考えると微妙です。このあたりの昼食としては高くはないですが、200円ほど安い弁当を考えると比較してしまいます。調理したての暖かさ、味噌汁や一品に200円の価値は十分にあると思いますが。

いずれせよ、このあたりでよい素材で丁寧に作られてた「普通」の昼食を出す食堂は貴重です。夜も北海道産の和洋惣菜をいただけるとなれば、大いに楽しめるでしょう。

店舗情報

食堂アサノ
URL: https://www.shokudoasano.com
https://www.facebook.com/食堂アサノ-1062694413768932/
住所: 東京都 中央区 日本橋箱崎町 35-8 内山ビル 1F
営業時間 平日11:30~22:00 L.O        土日祝日11:30~21:30 L.O


Comments !