覚書:ctagsをMacに導入する

カテゴリ:  Tech タグ:  editor vim

自分への覚書です。

ctagsを導入

macOSにはctagsが最初から導入されていますが、BSD版なので対応言語が少なかったりオプションが異なっていたりするので、Homebrewからインストールし直します。

$ brew install ctags

導入はすぐに終わりますが、この状態でctagsを実行して見ます。 以下のようなエラーが出てうまくいかないはずです。

$ ctags -R
Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin/ctags: illegal option -- R
usage: ctags [-BFadtuwvx] [-f tagsfile] file ...

まだ、Macのデフォルトのctagsを実行しているようです。以下のようにAliasを設定するとうまく行きます。

$ alias ctags="`brew --prefix`/bin/ctags"
$ ctags -R

これでうまくtagsファイルが生成されたはずです。

Vimから使う

tagsファイルが生成されていれば、Vimの標準機能で以下のことができます。

キー 機能
Ctrl + ] カーソル上の要素の定義場所にジャンプ
Ctrl + t 戻る
:tjump 該当結果が複数あるばあにリスト表示
:tag xxxx xxxxの定義場所にジャンプ

コメント

Comments powered by Disqus