August 27, 2017

HappyHacking Keyboard用吸振マットを試す

バード電子 HHKB吸振マット

またまたバード電子からHHKB(HappyHacking Keyboard)用の専用吸振マットが発売されていたので、ついポチってしまいました。

HHKBの形状にかなりぴったりと合わせてあり、HHKB ProfessionalとHHKB Professional BTでは底面のパネルが違うので吸振マットも別の製品として作り分けています。

私は仕事用にオフィスで使っているHHKB Professional BTで、周りがほとんどMacbookなので打鍵の時に振動している気がして購入しました。

HHKB吸振マット

製品はダンボールのシンプルなパッケージです。開けてみると、ちゃんとキーボードの電池を入れるパネルなどを避けるよう形状が工夫されています。裏面の保護シートは外すと粘着テープが付いているので、そのまま貼り付けます。

使い心地は?

貼り付けるとピタリとHHKB Professional BTにマッチします。

タイプしてみると、確かに今まで硬い机とキーボードが打鍵で動いたり、その反動が返って来ていたのだなとわかるくらい打鍵感は変わります。しっかりとキーボードが動かず、タイプした力をキーボード全体で吸収してくれる印象です。

シートの裏面自体はつるんとした手触りなのですが、使ってみるとほとんどの机で吸い付くように吸着してキーボードが動いたりすることがなくなります。

全体として、今までより安心してタイプできます。

ただし、いくつか問題があります。

まず、キーボード自体の高さが高くなります。このため、パームレストなどを使っていると、高さが合わなくなる可能性があります。 HHKBを使ってるようなマニアはパームレストだって専用のものを設えていることが多いですし、そもそもバード電子だってHHKB専用のパームレストをずっと発売しています。折角こう言うマニア向けの商品を企画するのであれば、パームレスト用のスペーサーも同梱しておいて欲しいものです。

また、キーボードのチルトスタンドを立ててしまうとキーボードの裏面が浮いてしまうので全く意味がなくなります。試してみるとどちらの高さのチルトスタンドを使っても、マットは浮いてしまって機能しなくなります。あぁ、考えてみると、当たり前ですね。

私はチルトスタンドの高い方をずっと使っていたのですが、一旦使用をやめました。めっちゃタイプしにくいです(本末転倒)。

そのうちこのマットは外してしまうと思います。

関連リンク

© 沙門