September 4, 2017

游ゴシックくらい入れておけ!

今日提案書の締め切りだったんですが、うちの会社のコピーセンターのPCに游ゴシック体のフォントが入っていなくて困りました。

游ゴシックとは

游ゴシック体とは、、字游工房によってデザインされた日本語のフォントです。2008年頃から販売されていたようです。

なぜこの游ゴシック体にこだわるかというと、Windows/Mac共に使えることとMicrosoft Officeの標準フォントになっているからです。。

WindowsではWindows 8.1以降では標準で搭載されています1。Windows 7でも、 マイクロソフトの游ゴシック 游明朝フォントパックのダウンロードページから追加で導入することが可能です。

一方、Macは OS X Mavericksで対応しています2

プラットフォーム共通で使えることのほかに、プラットフォームで差が出にくいのも良い点です。

メイリオの場合、Windowsだと「メイリオ」の指定でMeiryo-ui が使われてしまうケースがあり、Macにはメイリオはありますが、Meiryo-uiはないのでピッチがずれていました。

WebのCSSでのフォントの指定だともう少し細かいことがあるのですが、ここではローカルでアプリを使っての話なので割愛します。

結局、コピーセンターの人が「游ゴシック体」を知らなかったので導入もしてくれないという事態になり、PDFでフォントを埋め込んで送りつけてやりました。

コピーセンターでこれはないわ。



  1. 正確には、ライトやレギュラーはWindows 8.1でも標準で添付されていますが、ミディアムはWindows 10にしか添付されていないようです。 [return]
  2. Sierraではフォントブックからのダウンロードになるようです。「macOS Sierraに組み込まれているフォント」のページで何が入っていて、何がダウンロードできるか確認できます。 [return]

© 沙門