September 23, 2017

新生姜の甘酢漬け

新生姜の甘酢漬けを久しぶりに作りました。

新生姜の季節

「そろそろ新生姜の季節だね」というと家族も怪訝な顔をします。いや、家族でなくても怪訝な顔をするでしょう。

新生姜というと「初夏」というイメージがあるんだと思います。
実際5月くらいなるとスーパーに並び出して、8月前後まで売られています。新生姜のキリッと辛味のある 瑞々しさが初夏によく合うのもわかります。

しかし、あれはハウスものです。ハウスで2月前後に種植えして、5月くらいから収穫されているのです。しかし、生姜は本来 は4月から6月に種植えして9月から10月初旬くらいにかけて収穫するものなのです。

従って、新生姜の時期というか旬は秋なんです。実際には夏のイメージが強いので、スーパーに行っても秋になるとなかなかお目にかかれませんが。

ちなみに、根生姜は新生姜を2〜3ヶ月寝かせたものです。

甘酢漬け

いわゆる「ガリ」というやつです。

この新生姜な甘酢漬けが大好きで、そのまま酒のつまみにしています。結構たくさんいただくので、保存料や妙な成分が入っていないよう自分で作るのが一番です。

ググるとレシピは転がっていますが、一応載せておくと以下のような感じで簡単です。

  1. 新生姜の表面の硬い部分をスプーンでこそげ落としてしまいます。1.5mm程度の厚さに切っています。私はもう少し厚みがある方が好きですが。
  2. 塩で新生姜をまぶして5分ほど放置します。その後、水洗いして多めのお湯で2分ほど茹でます。時間を短くすると、辛味の効いたガリになります。
  3. 茹で上がったら冷めるまで放置しておきます。
  4. 甘酢を作ります。まずは鍋に酢を入れます。量は保存に使う瓶で新生姜が全体浸かるくらいの量です。ここに砂糖と塩を入れます。量は適当です。火を入れて、かき回しながら砂糖と塩を溶かしていきます。溶けたら火を消して冷ましておきましょう。
  5. ガラス瓶を煮沸消毒します。
  6. 冷めた新生姜に酢をかけて絞り、ガラス瓶に放り込みます。
  7. さらにガラス瓶に甘酢を注ぎ入れます。
  8. そのまま蓋をして冷蔵庫で2〜3日寝かせたら食べごろです。

この秋も週末ごとに作ってしまいそうです。

© 沙門