November 4, 2017

Subaru WRX STI Final Edition

Car

東京モーターショーでもSTIの手がける限定車S208が発表されましたが、UKではWRX STIのFinal Editionが9月に発表されていました。

WRX STI Final Editionとは

UKのAutocarによると、

Subaru has launched the WRX STI Final Edition - a limited-run special to celebrate the end of the brand’s legendary motorsport-honed flagship model.

Subaru WRX STI Final Edition launched - Autocar UK

スペックを見てみると、

Marking out the Final Edition WRX STI on the outside are a redesigned front bumper and a Final Edition badge. The brake calipers are painted yellow. The interior has also been upgraded, with gloss black trim and red highlights. The infotainment screen has grown to 5.9in and the instruments are revised.

Subaru WRX STI Final Edition launched - Autocar UK

特別なフロントバンパーにFinal Editionのバッチをつけているとのことです。黄色いブレーキキャリパー、と特別なインテリア、5.9インチのスクリーン。なんか普通っぽいなぁ

しかし、記事による150台限定のようで、価格も£33,995(約500万円)で通常のWRX STより£2,000(約30万円) ほど値が張るそうです。大したことないじゃない。

気になるのは、こちらです。

Subaru says the WRX STI will not be produced any more as the brand’s performance pinnacle and it will instead use the car as inspiration for future models.

Despite this, Subaru produced a striking concept for the Tokyo motor show that appeared to foreshadow a next-generation performance car akin to the WRX STI. The Viziv Performance concept, if it reaches production, will go on sale under a new name following the announced death of the WRX STI.

Subaru WRX STI Final Edition launched - Autocar UK

スバルは、もうWRX STIをパフォーマンスモデルとしては製造せず、未来のモデルとしてその名を使用すると言う。にも関わらず、東京モーターショーでは、WRX STIと同族の次世代のパフォーマンスカーを登場させた。Viziv が製造されるなら、発表されたWRX STIの死に続き新しい名前で発表されるだろう

ってな意味ですかね。

まぁ、確かにWRXって名前はラリーから撤退した今では実態を伴わないのは事実ですが、 結構なブランド力が未だにあるこの名前を捨てて、Vizivとか使うかな。

どっちにしろ、現行のWRX STIは今年発表のアプライド Dが最終モデルでしょうね。 最後のEJ20だからと 買った今の愛車ですが、スバルを四半世紀以上支えた名機EJ20も無くなるのかと思うとやはり寂しい限りです。

© 沙門