Essential Phoneを買いました

私がiPhoneを止めたわけ

2008年のiPhone 3Gの日本での発売以来ずっとiPhoneを使って来ましたが、 今回Essential Phoneに乗り換えました。

元々のきっかけは、5月に家族のスマホを買い換えです。 家族はスマホなどにあまり興味がなく「別にiPhoneじゃなくてもなんでもいい」 というので、ZenPhoneを購入しました。 この時のZenPhoneの印象がよかったことと、家族とプラットフォームを揃えたほうが やはり便利かなと思い始めましたことがきっかけでした。

また、10年前は珍しかったiPhoneも今や猫も杓子もiPhoneです。 うんざりです 。世界では高級機のiPhoneも、日本ではキャリアが競争で通信費で 本体価格を間引いてばらまいたせいで高校生あたりがバカみたいに使ってる 状況です。

そして何よりそろそろジジィになるので、「 こんな2年ごとに10万近い端末を買い換える なんていつまで出来んのかなぁ 」という終活的なこともちょっと考えてしまいました。

Essential Phone を買った訳

家族のZen Phone4を見て「今時の人気のAndroid機は、昔の国産Androidみたい にクソアプリ満載ってんじゃないだな」と見直しました。

それならば 究極に無駄なアプリがプリインストールされてない機種 はなんだとと 考えると、GoogleのPixelが手に入らない日本では Essential Phone がやっぱり 候補になります。何もインストールされていない素のAndroidです。

折良く、日本への出荷も可能となっていました。

Essential Phoneについては期待を持って待っていた人が多かったので、 当初色々言われて評価が高いとは言えません。ただ、冷静に見ると価格も iPhoneやハイエンド機の半額、RAMは4GB積んでますし、STORAGEも128GBあります。 CPUもそろそろ次の世代が出てきていますが、昨年まではハイエンド機に使われていた チップでまだまだミドルレンジ以上の実力でしょう。 ヌルヌル動くゲームでもしない限り大丈夫なんじゃ無いでしょうか。

なにより、スクエアで凹凸のないデザインは 格好良い ですし、素材もチタンとセラミック と高級感がありそうです。使ってる人がほとんどいないので「それ、何?」感も オーナーとしては嬉しい感じです。

私の場合、使っていたiPhone 7 plusを買取に出せばほとんど差額なく手に入りそうです。

Essential については新機種どころ身売り話も出ています。 今更買うヤツはいないんじゃない?という状況は天邪鬼な私的には惹かれますし、 まぁ2年使えればいいかな割り切ると私としてはあまり気になりません。

Essential Phone 開封の儀

注文は本体とEarphones HDを注文しました。EarPhonesは別に必要なかったのですが 、$99相当が無料だったので一緒に注文しました。本当は保証延長も注文しようとし たのですが、日本への出荷できないとのことで注文できませんでした。

注文から4日程度で手元に届きました。

Essential Phone

Essential Phone

漆黒の高級そうな化粧箱に入って来ました。注文した本体色がBlack Moonだったからでしょう か? スライドさせると、本体の登場です。

同梱してあったのは、USB Type-Cのコネクタ(両端ともType-C)、ACアダプタ、USB-3.5mm 変換ジャックです。

本体は非常にきれいなブラックなのですが、この感じは結構指紋がつきそうです。グレー にしておけばよかった。カメラ部分のでっぱりもなく、ホームボタンもないので、置 いてあると裏表がわからないくらいプレーンです。エッジにはアールや面取りが綺麗に してあり、 質感は非常に高いです。

iPhoneと比較しても、Essential Phoneのほうが 凝縮感というか塊感はむしろ上 より素材のよさを感じさせてくれて、高級感すら漂います。

付属品のアダプタやケーブルも見て分かるくらい、品質が良いものが同梱されています。

電源を入れてみると、本体の端ギリギリのベゼルレス・ディスプレイ が驚きます。多分、 iPhone Xより攻めてます

本体のケースや液晶保護シートなどは、国内でも数は少ないですが購入できるようです。 私はせっかくセラミックとチタンのボディですからケースは使用せず、液晶保護シート だけ貼って使っています。

Essential Phoneの設定

設定自体はGoogle のアカウント設定ですぐに使えるようになると思います。

通信については、Essential Phoneは対応バンド、VoLTE対応においてAndroidでも トップクラスなので大抵の場合大丈夫だと思います。

送られてきたEssential PhoneはまだOSがアップデートされておらず、 Android 7のままでした。この状態だと日本の技適もバツなのでアップデートが 必要です。 早速自宅のWiFiでソフトウェア・アップデートを行いました。結果、Android OS も Oreoにアップされ、無事技適マークも確認できました。

私はMineoを使っており Dプランを契約しています。SIM自体は使用していたiPhone 同様nanoSIMなのでそのまま Essential Phoneにも使えます。 ただし、Mineoのアクセスポイントの設定がないので手動で設定する必要があります。

設定項目 設定内容
APN設定 mineo-d.jp
ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAP

そのほかに、ランチャーだけカスタマイズしました。 Essential PhoneのLauncherはLauncher3が素の状態でインストールされています。さすが に寂しいので、Nova Launcher Primeをインストールしました。

iPhoneからの移行でも困らない

iPhoneで常用していたアプリはほとんどAndroid版もあったので、SUICA以外は 代替できない機能はなさそうです。多くはGoogleアプリで事足りていて、 サードパーティでインストールしたのは、以下のアプリです。

  • Spotify
  • 1Password
  • Eight
  • Threema
  • Mineo スイッチ
  • Lala Call
  • Smart News
  • Toodledo

メールもGmailアプリにiCloudメールをIMAPメールとして登録したので今までどおり受信 できますが、設定するパスワードがAPPLE IDのページでアプリ用に生成したパスワードで なければならないところは少しハマりましたが。連絡先もGmail経由で復旧できています。

こうなると、操作体系が少し異なるくらいでほとんどiPhoneの新バージョンに買い換えた 時とさして手間は変わらないかなと思いました。

まとめ

Essential Phoneは本体のデザインや品質でも満足度は高く、 コストパフォーマンス も非常に高い と思います。

個人的にはAndroidは初めてなのでiPhoneのマンネリ感からは抜け出せて、今の所 ハッピーです。メーカーの押し付けアプリも入っておらず自分に必要なものだけ をインストールして使うことができるので、iPhoneからの以降でも変な制約感 は感じていません。

開発元がゴタゴタしていて将来性という観点では微妙ですが、 ほとんど日本ではEssential Phoneを持った人に出会うことも稀でしょうから、 ちょっと優越感に浸れますよ。


Comments !