カミソリを研ぐ? 替刃の延命に

カテゴリ:  Gadget タグ:  shaving

カミソリを研ぐ? レイザーピット3.0

レイザーピット3.0 カミソリ刃クリーナー という商品を購入しました。

一見、硯の上でカミソリ刃を研いでいるように見えます。

カミソリの替刃の延命を図る的なキャッチコピーもあったので、すっかり「研ぐ」ものだと 思ったのですが、この商品はそうではなくカミソリ刃についた皮脂やヒゲなどの汚れを 除去するツールでした。

硯のように見えますが、表面はシリコンで出来ており、この部分にシェービングクリーム を乗せカミソリの刃を当てて、剃る方向とは逆方向(カミソリを手前から押し出すよう)に 軽く刃を押し当てながら何度か繰り返します。

少なくとも、これで刃の表面についた汚れは取れるようです。

実際の効果は?

私は普段両刃カミソリを使っていて、使用後は軽くフォームを付けてお湯で流しながら 親指で上から下に全体を洗っています。やっていることは、これと変わりません。

従って、元々使用後手入れをしているのでほとんど効果を感じません。効果が多少 有ったとしても、両刃の替刃の価格ならこんなことやるより刃を替えてしまったほうが 効果的ですし、コスト面からも経済的です。

家族は今どきの5枚刃のカミソリを使っていますが、こちらのカミソリは両刃のカミソリ よりも刃の隙間に皮脂やヒゲがたまりやすく、確かに親指で軽くこするだけでは とれず、このレイザーピットを使うと表面のシリコンが間の刃にも密着できている ようで汚れを引き出し安いように思います。

こういった現代のカミソリの替刃の場合は、確かに汚れによる刃の劣化が多少 防げるので多少延命になるようです。こういった替刃は 高価なので、経済的にメリットがありそうです。

まぁ、私自身は行為自体気に入ったので、あまり意味がなくても しばらく朝の儀式だと思ってやっていきます。

コメント

Comments powered by Disqus