Audi A4 TFSI Sport S tronic

近所のAudiで「最新Audiで出かけよう。1泊2日試乗キャンペーン」と言うキャンペーンを やっていたので、申し込んだところお借りできることになって一日乗り回してみました。

Audi A4 TFSI Sport S tronic

Audi A4はDセグメント、ミドルサイズを担うセダンです。歴代はフォルクスワーゲンの パサードとプラットフォームを共有していました。

Audi A4

Audi A4

エンジンは2系統、1.4リッターのダウンサイジングターボと、2リッターのターボがあり さらに上にクアトロと呼ばれる4輪駆動車があります。今回貸していただいたのは、2リッター のFFのA4 TFSI Sport S tronicと言うグレードでした。標準価格が5,560,000 円ですから、 購入するとなると650〜700万円程度でしょうか。

エクステリアは端正なデザインで、変に気負った部分がなくシンプルでセンス良く まとめられています。とは言え、フロントには押し出しの強いアウディのグリルが あるので存在感は抜群です。

インテリアはさすがアウディという感じで、豪華は豪華ですが成金的な感じはなく、 品良くまとまっています。シートは当然レザー、エアコンも運転席、助手席、後部座席と それぞれ独立してコントロールできます。

今年のモデルチェンジで、今までニョキッと生えていたシフトコラムがゲームのコントローラ のような形なりました。また、Audiバーチャルコックピットと呼ばれるメーターパネル 全体が液晶表示になりナビやその他のコントロールと表示が連動する最新の技術が 採用されています。

県下を一周

お借りしたAudi A4で県下をほぼ1周してきました。

Audi A4

Audi A4

最初に感じたのは、着座位置の低さです。

SUBARU WRXはスポーティに見えてレヴォーグなどとプラットフォームやいろんな部品 を共有しているためかもしれませんが、意外に着座位置が高いのです。Audi A4に 座ってメーターやハンドルからシート位置を合わせてみると驚くほど低くなって ちょっと驚きました。当然走った時の速度感はより早く感じます。

走り出して感じたのは、圧倒的な 静寂性乗り心地のよさ です。 特にドライブモードの選択でサスペンションとシフトプログラムの設定を変更できるので "Confort"モードにすると本当に静かで、かすかに遠くでロードノイズが聞こえるくらい。 それでも踏み込むとしっかり2.0Lのエンジンが唸り出します。

結構な長時間運転していましたが、ほとんど疲れを感じませんでした。もっとも、 今の愛車がSUBARU WRXでかなり足回りがガチガチなので、どんな車に乗っても同じように 感じてしまう恐れはありますが。

次にやはり 先進性 でしょう。

「液晶のメーターなんて」と最初は思いましたが、Audiバーチャルコックピットは 使ってみると虜になりそうです。ナビ画面がメーターの間に表示される ので視線を大きく動かさずにメーターを見るついでに道を確認できるので、これも 運転中の疲れを大きく軽減してくれます。

オートクルーズやレーンアシストなど今流行りの先進機能もきちんと対応しています。 いろんな危険なシーンを回避してくれるドライバーアシスタンスシステムや 渋滞時の運転をサポートしてくれるトラフィックジャム アシストなど本当に先進技術 満載です。

一番感心したのは 車としての素性の良さ です。

高速道路では直進性の良さを感じますし、安定して高いロードホールディング性能が 運転していてもわかるくらいです。山道では意外に軽やかでハンドル を切った分だけきちんと反応してくれますし、かつ非常にしなやかで足がバタつくことも ありません。。FFっぽさがなく非常に素直なハンドリングです。

最初は全幅が1,840mmもあるので憂鬱になりました(WRXは1,795mm)。が、運転している と不思議なくらい不安がなく、片道で細い路地が続く漁港も特に不安なくスイスイと 進めました。視線も低く大きな車でしたが、ハンドリングとそのレスポンスがしっかり 運転者に伝わるためでしょうか?

まとめ

A4は、センス良く高品質でAudiの先進技術が惜しみなく 投入され安全性と操作性を高めています。もっとも大事な車自体の性能もきちんと作られて いるセダンです。

まだ、今の愛車の車検が残っており早急に買い換えはないですが、そろそろ歳も歳なので 落ち着いたこういった車も次は視野に入れようかと思います。

今のところ、次期候補として最有力です。


Comments !