OmniFocus3 に移行する

OmniFocusから Toodledoに浮気した訳

ここ数年はGTDツールとして、 Toodledoに浮気を していました。 Toodledoは割とGTDに忠実ですが、シンプルで使い方も柔軟で気に入っていました。

しかし、ToodledoはWebベースのアプリケーションなのでUI的には古臭い感じは否めません。 GTDに厳格すぎる部分がありちょっと疲れてしまってToodledeに移行しましたが、元は OmniFocusを使用していたのです。

一番OmniFocusが疲れた部分は、コンテキストの扱いです。GTDをうまく回すために 重要な概念ですが、今ひとつどう設定するか絞り込めません。私は「やる気」を ベースに作っていましたが、優先度や場所なども設定したい場面があります。しかし OmniFocusではコンテキストは一つしか設定できないので、悩んでしまうのです。

そんな訳で、この数年Toodledoに浮気していたのでした。

OmniFocus3の噂

そんな事情で OmniFocusを使っていなかったので、昨年リリースされた OmniFocus3 もスルーしていました。

しかし、OmniFocus3のレビューを読んでいると、「 コンテキストがなくなって タグになった 」などと書かれています。

確認してみると、コンテキストとタグを統合して扱うようになったようです。 UIも最新のmacOSに合わせて進化しています。

アップグレードが可能なようなので、遅ばせながらOmniFocus3を購入しました。

OmniFocus3を使ったワークフロー

OmniFocusの使い方です。

プロジェクトは使わないという主義の方もいると思いますが、私は素直に仕事の 「プロジェクト」ごとにプロジェクト分割しています。基本的には「いつか 終わりが来る仕事」ですね。

以下が私が設定している「プロジェクト」の例です。("Confidential"の部分は 仕事上不味いのでマスクしています)

OmniFocus3のプロジェクト設定

OmniFocus3のプロジェクト設定

次に今回「コンテキスト」から変更された新機能の「タグ」の設定です。

私は大きく2つの意味でコンテキストを使用することにしました。 「やる気」と「優先度」です。この2つでタスクをいつやるかを決める ことにしています。

OmniFocus3のタグ

OmniFocus3のタグ設定

これに朝その日にやるタスクを確認したら、そのタスクには "Today" というタグを 設定しています。時間帯まであるかは悩み中です。

OmniFocus3 のオススメ

OmniFocus3は確かに高価なソフトです。 Proだと $79.99 です。

ただ、よく考えると、Toodledoの年間使用料金は結局同じようなものですし、 他のGTDオンラインサービスはもっと高価です。それに、OmniFocusは 一度購入すると数年はメジャーバージョンアップしませんから、結局 OmniFocusが気に入っているのであれば買ったほうが絶対経済的です。

OmniFocus自体はクラウドにデータを同期していますからアプリがあれば どこからでもデータを使えるのですが、アプリはmacOS版はiOS版しか リリースされていません。

私はiPhoneからAndroidに移行したので、iOS版はOmniFocusが使用できなく なっています。

ただ、Android用のサードパーティのアプリがあるようなので それを試してみようと思います。


Comments !