ゲームチェアは必須

長時間ゲームをプレイをすると腰が痛いという事実

ゲームをやる場合私は床に胡座をかいてやることが多いです。

特に最近ハマっているSwitchのスプラトゥーン2ではコントローラーのジャイロ を使うので、ソファなどに座っているより胡座をかいて座っているほうが 安定して操作できるためです。

しかし、この姿勢は必然的に背が丸くなりがちですし腰にも負担が大きく、 長時間プレイすると本当に腰が痛くなります。

これではヘルニア再発の危険があるため、ゲームチェアを購入しました。 (ゲーム止めろよってツッコミは受け付けないので)

「ゲームチェア」とは

最近eスポーツの盛り上がりもあり、ゲーム用に開発された椅子があるらしいです。

eスポーツなど本格的にやろうとすると、ゲームのプレイや練習も10時間に及ぶ こともあるでしょうから、確かに椅子って大事ですね。

ゲーム用に開発されたゲームチェアと一般的な椅子との違いは、以下のような点です。

  1. 長時間のプレイに耐えるよう、正しく楽な姿勢をキープできるようランバーサポートやバケット形状が一般的な椅子より強力。そのためよりホールド感が強く、ロッキングなどゆらゆら動く機構は採用されていない。
  2. ゲームスタイルにより腕の自由度を確保するため、アームレストの可動領域が大きい。
  3. ヘッドセットをつけモニターを見ることが多いので、ヘッドレストまで備わっている。

こういったゲームチェアはやっぱりそれなりの価格で、2万〜10万とピンキリです。

ただ、仕事でPCを使うので仕事用の椅子と割り切れば、全然安いんですが。

今回は、我が家では「胡座」でプレイするスタイルなので、こんな高価なゲームチェア は買えません。座椅子の延長的なものを探してみました。

座椅子タイプのゲームチェア

Amazonで探していると、座椅子タイプのゲームチェアがありました。

座椅子 ゲームチェア ゲーミングチェア ハイバック マルチリクライニング ゲーム座椅子 「ソリッド」 と言う物です。

T字の背もたれがあり、座面のクッションも厚く座りやすいです。

T字の部分が一見華奢な作りなので心配しましたが、しっかり体重をかけても安定して背中を 支えてくれます。座面は先端の部分が可変で少し角度をつけられるので、足の組み方に合わせて 高さを調節できます。この機能によりT字部分と座面に体を預けると自然にカーブした 姿勢で支えてくれるので非常に楽です。

背もたれのようなT字の部分が工夫があり、Tの横棒の部分が折れ曲がり高さを調整できます。 この機構により前後どちら向きに座れるというものです。

ゲームをやる場合はT字の部分を足で挟むように座ります。ただし試してみたところ、 スプラトゥーン2では腕を置くT字部分がやはりジャイロの動きの邪魔になってしまいます。

というわけで、普通に座っています。が、背中、腰への負担はすごく軽減されました。 これで長時間プレイもオッケーです。


Comments !