ゲーム用キャプチャーボード IO DATA社 GV-HDREC

キャプチャーボードが欲しい

ハマっているスプラトゥーン2ですが、やはり学生と違って時間が取れずなかなか ウデマエが上がりません。

いろいろ調べてみると、自分の試合を後で見直して立ち回りを検証して 改善していくというのがウデマエを上げるコツであるというような記事を よく見ます。

では、キャプチャーボードを買ってみようと思いました。

条件は、以下の通りです。

  1. PC接続は面倒なので単体でキャプチャーできること
  2. 試合中は集中したいので、パススルーでいつものテレビで画面が見えること
  3. 画像はSWITCHの画質が撮れればいい

中華性のものも多いですが、安定の国産メーカー IO Data社の GV-HDREC という機種が価格も安く、品質もよいようです。

これを、 SWITCH -> GV-HDREC -> テレビと HDMIで繋げば、録画したいときに 録画ボタンを押すだけで、普段は意識せずにゲームができます。

試合を取ってみた

何はともあれ、ゲームをキャプチャーしてみました。

GV-HDRECを、SWITCHとテレビの間にHDMIで接続するだけです。

GV-HDRECの設定で「パススルー」モードを選択すると、テレビにはGV-HDRECの画面でなく SWITCHの画面がそのまま表示されます。

録画したいところで、RECボタンを押すと録画が始まり、もう一度RECボタンを押すと 録画が終了します。録画しているかどうかは本体側面のインジケーターの色でわかります。 録画状態の場合は、赤く点灯しています。

SDカードをGV-HDRECに差し込めば、PCレスで録画ができるようなります。

本体でコマ送りや編集などもできるようですが、そんなことをやる予定もないので おそらくRECボタン以外は使わないんじゃないかと思います。

では、早速スプラトゥーン2を録画してみました。

大したウデマエではないのでナワバリバトルを適当に録画してみましたが、 なんだかゲーム実況っぽくなってしまいました。まぁ、全然問題なくきれいに 撮れています。

録画した映像は、SDカードをMacにさせばそのまま読み込めます。形式はMP4動画と なるので、適当に編集して載せてみました。

後半多少ブキキレ気味ですが、あくまでキャプチャーボードのレビューです。


Comments !