スプラトゥーン2 アップデート Ver 4.9.0

スプラトゥーン2のアップデートが発表されました。今回はプレイヤーの間でかなり問題視されていた「環境武器」と呼ばれ強いとされている武器の弱体化が入り、概ね好意的に捕らえられているようです。あぁ、あとは7月のアップデートで最後なのですね。

「環境武器」の弱体化

これまでのアップデートもそうですが、「環境武器」と呼ばれる強い武器について 弱体化を図るということがなされています。

詳細は、 任天堂のサイト を見ていただくとして、まとめると以下のような弱体化が図られています。

スプラトゥーン2 Ver4.9.0 の主な弱体化
武器 弱体化内容
キャンピングシェルター 相対的に傘が弱体化
エクスプロッシャー 遠くに打ち下ろす場合、着弾点が小さくなる。またスペシャル必要ポイントが210→220
クーゲルシュライバー 長射程でのジャンプ直後のブレ幅が2倍に
プライムシューター・ベッチュー スペシャル必要ポイントが 200 → 210
L3リールガン スペシャル必要ポイントが 170 → 190

見事に「環境武器」とされていた武器が選ばれて弱体化されていますね。

キャンピングシェルター は今までが異常で傘を捲るのが結構大変でしたから当然ですね。

エクスプロッシャー も高台からパシャパシャやられたらどうしようもなかったんで、 うれしい弱体化です。ただ、着弾点が小さくなったと言っても9%ですから、どうなんでしょう? 「1割近くも!」とも思えるし、「たった1割かよ」とも思えます。実際に敵にしてみないと ですね。

クーゲル のブレは試し打ちで撃ってみると、結構大きいなと思いました。クーゲルの 強さは、再チャージ、短射程モードでの連射フレームが極端に短いことに加えて、 長射程モードでのブレの無さだったので、今回のアップデートの影響はかなり大きい 気がします。

プライムシューター・ベッチュー についてはナイス玉は確かに強力なので弱体化 されたのだと思いますが、この武器の強さはメイン性能を載せたときに強さなので あまり影響なさそうです。

L3リールガン は先月くらいから急に増えた気がします。この武器もメイン性能アップ 1.3で疑似3確が出ることが強みですが、使ってみると驚くほどスペシャルが回るのも エグかったので順当ですね。スペシャル必要ポイントは200位でも良かったと思います。

スペシャルの弱体化

今回のアップデートが評価されているのは、なんと言ってもスペシャルの弱体化でしょう。

これまで無敵だった ハイパープレッサー に弱体化が入りました。

  • 地表を貫通した場合、ダメージが17%減らされた
  • インクアーマーに対する対物攻撃力アップのダメージ上昇を 3倍から1.25倍に減らされた

これは、インクアーマーの需要が高まるのではないでしょうか。

イカスフィア も爆発時にスフィアより高い位置にいる敵へのダメージが減らされました。 これは狙ってそんなことはあまりやらないので、あまり影響なさそうです。

そんな中強化された武器が!

そんな中強化された武器があります。

.52ガロン.96ガロン です。

.52ガロン のほうは足下塗りが強化された程度ですが、 .96ガロン のほうは射撃のブレが8%軽減されており、これは試し打ちでも 体感できます。

射程ギリギリの場合、乱数で散っていた弾がほぼ狙ったところに当たるイメージです。

試合で使った感触でいうと、「弾の大きなプライムシューター」を使っている印象。

これまで、初弾から2発くらいは結構当たるのですが、連射していると乱数が悪くなり 玉が散って安定しないという問題あります。ダメージは2確で射程もシューターの中では 最大にもかかわらずあまり流行っていない理由でしょう。これがほぼ解消されたような 印象なので、これから「環境武器」入りするかもしれませんね。

ちょっとだけ、98ガロンを試してみました。


Comments !