ユピテル レーダー探知機 GWR503sd

コムテックのZERO 1C という古いレーダー探知機を使用してきました。透明なアクリル 素材に仕込まれた最低限の表示しか出来ない液晶パネルのみという割り切ったデザイン で気に入っていました。ライトがないので実質的には表示が何も見えないことも含めて満足していたのですが、移動式オービスなども出てきたので、消費税が上がる前に買い換えることにしました。

ユピテル GWR503sd

今回はユピテルのGWR503sdという機種にしました。

新しい機種なので、レーダー式移動オービスや小型オービスなどにも対応しています。 また、ZERO 1Cが実質表示がなかったのに比べると、フルカラーの液晶がついて フルマップ表示も可能です。フルマップは必ずしも必要ないと思いますが、 検知されたオービスなどの位置は地図にマッピングしてくれた方が安心ではあります。

今回はAmazonのODBアダプタセットだったので、ODB IIで接続しました。 水温なども表示できて期待以上に便利になりました。

誤検知が多いという話も聞きましたが、1週間ほど運転した印象だと気にならない レベルです。これは誤検知するような環境かどうかにもよるでしょうが、学習機能もあり ますから手作業で登録が必要なコムテックの機種に比べると安心です。

ユピテルの場合GPSデータの更新は有料ですが、一番コストがかかっている部分でしょうから お金を払ったほうが精度が高い情報が来ると信じて納得しています。

設定がノーマルだと「なんとか地域にはいりました」とか「なんとか 圏外になりました」とあれやこれやと警告を発してくれます。今のところ それほどウザさは感じなのでそのまま使っています。

GPSの精度もよく、コムテックの時に感じたズレもなく安心感は増しました。


Comments !