デジタルインナーミラー導入

WRX STIにデジタルインナーミラーを導入しました。

デジタルインナーミラーとは

早い話、バックミラー型のドライブレコーダーです。

フロントとリアの両方を録画することが可能で、かつリア側の画像をバックミラー型の 液晶に表示することでバックミラーの代替として機能します。

購入したのは、JADOというメーカーのドライブレコーダーです。

ちょっとしたブランドで通っている WINなんとかというところのドライブレコーダーも実は このJADOのOEMだそうですから、しっかりとしたメーカーなのでしょう。Amazonの商品の 説明を見てもこまめに機能アップデートを行っているようです。

それが、2万円弱(クーポンも利用)ですから安いすぎて怖いです。

評価

まずは動画をご覧ください。クルマ自体の音がうるさいので注意ください。

動画をアップロードする際、解像度は落としています。

実は、リアカメラをナンバープレートの横に付けようと思ったのですが、配線が面倒で 車内のリアウィンドウに設置してしまいました。ナンバープレート横であれば、 死角もなく駐車時のバックモニターとしても使えるのでよりよかったと思います。

動画を見るとわかりますが、リアウィンドウに貼り付けたためリア側はほぼ トランクケースの上が映っています。角度の調整きかないためカメラが下向きになって しまったのです。またガラスの映り込みも激しくなっています。

ただ、画角が広いので車内で液晶で確認する際はどうせ全体は見ることが出来ず、 画像の上部だけ切り取って見ているのでいい感じでバックミラーとしてはなんとかなっています。 自車のウイングが邪魔ですが。

スペーサーなどでリアカメラを調整してもう少しなんとかしたいと思います。

フロント側も広角で死角もなく録画できていました。若干白飛びしやすくはありますが、 解像度もよく前のクルマのナンバープレートも確認できます。

録画した動画はMOV形式なのでそのまま見ることもできますが、専用のプレイヤーを 使うと、以下のような感じで走行している場所、速度、向き、振動状況を確認することができます。

DVRプレイヤー

DVRプレイヤー

電波対策もしっかりしているようで、他の機器への影響もありません。 これで2万切るなら、十分だと思います。


Comments !