国内でのコロナウィルスの広がりにより東京マラソンの事実上中止

カテゴリ:  Trivialities タグ:  outbreak

名ばかりですが、東京マラソンのボランティア登録をしているのですが、本日メールで 案内が来ました。既に報道されている内容ですので、紹介します。

一般財団法人東京マラソン財団では、東京マラソン 2020【2020年3月1日(日)開催】に向け、感染症対策等の準備を進めておりましたが、東京都内において複数の感染者が確認される中、多くの皆様が楽しみにしている本大会を実施することは、残念ながら困難であるとの結論に達しました。

このため、東京マラソン 2020については、マラソンエリート及び車いすエリートの部のみを開催すること、ボランティアの配置人数を縮小いたします。

一般の方は出場できないということですから、事実上の中止ですね。

これに伴いボランティア募集も大幅に縮小するようです。

しかし、マラソン大会でその出走料も払い戻すのでしょうし、東京マラソンの場合 年会費を払って有料会員となってマラソンの抽選確率を上げてまで出たいという人がいるので、 「年会費を返せよ!」ってことにならないんですかね?

年に一度のイベントのために存在する財団が、そのイベントがこんなに縮小して大丈夫なんでしょうか?

他人事ながらちょっと気になりますね。

コメント

Comments powered by Disqus