Qiitaからの退会

カテゴリ:  Tech タグ:  programming qiita
/images/2020/06/qiita.png

今年3月頃にQiitaで炎上して大量のエンジニアが退会して行きました。 ちょっと様子をみていましたが、やはりメリットがなさそうなので、私も退会しました。

なぜQiitaは炎上したのか?

現在Qittaのユーザーのトップページには以下のような統計が表示されます。

Qiitaの活動情報

Qiitaの活動情報

現在は削除されていますが、この機能は3月に追加された機能でリリース当初は、 これに加えて「読んだ記事」の統計も表示されていました。

つまり、個人の行動傾向が分析され公開されていたのです。これらの改変はユーザー に合意を得ることなく全てのユーザーに強制的に組み込まれ、明示的なオプトインを Qiitaが求めることすらなく利用され第三者に公開されていたのです。

さらに悪いことに、オプトアウトする機能もありませんでした。

結果、個人のプライバシーに対する配慮不足から不満の声が多数上がり、即座に ネットで炎上しました。

Qiita側は、割と迅速に対応し「読んだ記事」に関する統計は非表示として、 公式な謝罪 も行いました。

けれど、こういった配慮不足から嫌気がさし、かなりのユーザーがQiitaから退会した と言われています。

なぜQiitaを退会するか?

私個人は数個の記事をアップしていただけですから、大仰に「退会」などというのも 恥ずかしい限りです。

退会の理由は、

  • やはりこのようなサイトの運営としての信頼度の低下

  • 退会祭りのせいか最近の記事の品質も落した気がする(個人的な主観です)

  • (私のネットワークの問題かもしれません)日中にQiitaにアクセスすると、我慢ならないくらい遅く情報源としても利用が厳しい

Qiita記事のバックアップ方法

私は、 qiita_export_all というツールを使用しました。

詳細はツールのドキュメントをみていただければわかりますが、 Qiitaから自身の記事を全てダウンロードしてくれます。

ダウンロードしたファイルは Markdown形式になっており、記事で使用している画像 などのリソースもダウンロードされます。

私はそのままメタデータの形式だけ合わせて Nikolaで生成しているこのブログの 記事に取り込みました。

Qiitaを退会するには

多くの人が、GithubやTwitterの認証でQiitaを使用しているのではないでしょうか?

Qiitaを退会する際には、最後にパスワードによる確認が行われます。 このため、パスワードの設定を事前に行っておく必要があります。

パスワード設定後、 Githubなどの認証でなくパスワードを利用してログインし直した状態で アカウントの削除を行う必要があります。

手続きをして1日程度かかるようです。

コメント

Comments powered by Disqus