松屋の「極牛めし」をいただく

カテゴリ:  Dining タグ:  foods matsuya
/images/2020/08/kiwagyu.jpg

松屋の特定店舗限定で販売されていた「極牛めし」をいただきました。

つい先日まで東京で11店舗しか販売していないと言われており、その中に入っていなかった 新木場店で「極牛めし」を販売しているのを見かけました。当然のごとく頂いたという訳です。 しかも、お肉の量が倍になっている「倍盛り」を迷わず注文しました。

「極牛めし」は、アンガス牛100%使用で注文が入ってから一食ずつ作っているそうです。

味のほうは、プレミアム牛めしと比較するとお肉が非常に柔らかで肉自体の甘みを強く 感じます。確かに高級感があって美味しいです。

ネットでは「吉野家」の牛丼に近いと言われているようですが、確かに味の方向性は似ています。 ただ、吉野家の牛丼よりは確実にうまいです。

問題は価格ですね。

プレミアム牛めし 並 380円に対して、「極牛めし」は530円です。 確かに美味しいのですが、じゃ毎回150円高い「極牛めし」を 食べるかと聞かれれば、個人的にはプレミアム牛めしは大好きですし 十分に美味しいと思っているので、価格差を考えるとプレミアム牛めしを選びます。

とは言え「極牛めし」期間限定ですし、店舗も限られています。 お肉の美味しさは確かに群を抜いていますので、一度は食べてみるとよいと思います。

コメント

Comments powered by Disqus