新型レヴォーグは買いか?

カテゴリ:  Automotive タグ:  car levorg subaru
/images/2020/09/new-levorg.jpg

新型レヴォーグの予約注文が始まっています。買いかどうかまじめに考えてみました。

先進運転支援機能

やはり、一般の方の目が行きやすいのは先進運転支援機能のアイサイトXでしょう。

アイサイトは2008年にレガシィに搭載されて以来日本の運転支援機能をリードしてきましたが、 ここ数年他のメーカーの進歩も激しく絶対的なアドバンテージとは言えなくなり、 日産のプロドライブ2.0に至っては完全に追い抜かれた感がありました。

今回のアイサイト Xは、3D高精度地図を利用しほぼ機能的にはプロドライブ2.0と並び、 使い勝手では追い越したように思います。

主な進化は以下のような点です。

  • 渋滞時はハンズオフと発進アシストが追加され、ほぼ手放しで運転者は「運転する」必要がなくなった。

  • ウィンカーを操作すると、自動的に車線変更を行ってくれる「アクティブレーン チェンジアシスト」が搭載された。

  • 3D地図が搭載されたことにより、カーブ前減速やETC料金所前の減速など自動でできるようなった。

アイサイトを実現していたのは日立と開発したステレオカメラ・ユニットでしたが、以前から 日立製をやめて、次世代アイサイトでは日産などが採用しているイスラエルのモービルアイのカメラを採用するという 噂でした。

ところが今回の発表を見ると、スウェーデンのヴィオニア社のものが採用されたとのことです。 イメージセンサーが日立と同じオン・セミコンダクター製だったためでしょうか?

それはともかく、自動運転のレベルは国産車では間違えなく他のメーカーを周回遅れにするくらい 素晴らしい進化です。

いかんせん、個人的にはほぼ興味がない領域なので、「これがあるから欲しい」とは思えないです。

車体について

車体については、SIシャッシーをベースにしていた先代からやっとSGPベースのプラットフォームに 置き換えられました。

SIシャッシーベースの今の愛車(WRX STI)に乗ったときにその剛性の高さにびっくりし、さらに SGPベースのインプレッサに試乗したときにはその出来のよさに思わず買い替えようか迷いました。

今回そのSGPベースでインナーフレーム構造を採用しさらに剛性を上げてきているようです。 さらに出来のよいボディーになっていると想像できます。

ただ、エクステリアはちょっとがっかりです。

先代とそれほどイメージが変わらないのに、よく見るとトヨタ的なゴテゴテした意味のない デザイン満載な印象です。特にヘッドライト周りやリアのブレーキランプのデザインなど 必然性など何も感じない厨二病的なニュアンスで恥ずかしくなります。

好きではありません。

エンジンについて

今回エンジンも新世代となり、 FBxxシリーズに変って全く新しいCB18エンジンに世代代わりしました。

このCB18エンジンはターボしかなく、NAはありません。今のところ、レヴォーグはすべてのグレードで このエンジンのみです。このため、WRXだとパワーダウンになるので、FA24が搭載されるとの噂です。

このCB18エンジンは、ボアピッチが 98.6mmとのことです。つまり、それ以前EJ20やFBxxなど 30年以上使っていたボアピッチ113.0mmを止めたということです。これは生産施設などの見直しが 必要で大掛かりな投資になったことでしょう。以前生産していた6気筒のEZ30のボアピッチは 98.4mm だったかな。

このボアピッチの変更はエンジンの全長短縮にかなり効いています。このボアピッチを見るに、 スバルのこのエンジンのボアアップによる大排気量エンジンは考えていないでしょう。 将来的にこの全長短縮部分にモーター出力関連の機器が積まれることでしょう。ひょっとしたら、 2気筒追加して6気筒エンジンという夢を見たい気もしますが。

新型レヴォーグは買いか?

先代レヴォーグオーナーや自動運転に興味がある方は、買い替え候補として いい選択肢となるでしょう。すべてがグレードアップして、国産車でも一級の車です。

正式発表 10月15日を前にして8月20日から先行予約が始まっています。納車が11月27日 からですが、数ヶ月待つことになるので個人的にはこういう売り方は疑問に思いますが、 噂ではかなり好調に予約が入っているようです。

私的には購入するとしたら、エクステリアのダサさを除けばネックは価格です。

最上グレードの STI Sports など車両価格だけで400万以上です。税品やオプションを 考えると、もう500万コースです。レヴォーグに500万? とんでもありません。私は買いませんよ。

コメント

Comments powered by Disqus