デュアルスイーパーと対面してはいけない訳

カテゴリ:  Entertainment タグ:  game splatoon2
/images/kelvin.jpg

スプラトゥーン・ネタです。

直近のアップデートで弱体化され一時期あまり見なくなったデュアルスイーパーですが、 最近また対戦で見かけることが多くなりました。

そしてデュアルスイーパーと対面すると、結構撃ち負けてしまいます。

ちょっと真剣に私が愛用しているケルビン525とデュアルスイーパーをデータで比較して考察してみました。

まず、私が愛用しているケルビ525の基本的なデータの確認から始めます。

ケルビン525の基礎データ

項目

データ

塗り射程

3.9

有効射程(スライド時)

3.3

確定数維持射程

2.7

確定数(スライド時)

2

連射フレーム

9F

秒間発射数

6.667

射撃ダメージ

52.5

キル速度

10F

キルタイム(スライド時)

0.167秒

キル速度は、(確定数 - 1 ) × 連射フレーム + デス判定 1F で計算しています。 例えば、ケルビン525の確定数は2確で連射フレームは9Fなので、 (2 - 1) × 9F + 1 = 10F となります。1フレームは 1/60秒なので、キルタイムは キル速度(F) ÷ 60で計算しています。

ケルビン525は連射速度は遅いんですが、キル速は意外に圧倒的に速いんです。どれくらい速いかというと、スプラシューターやボールドマーカーよりも速く、クーゲルシュナイバーの短射程モードと同等のキル速が出ているのです。

一方でデュアルスイーパーの基礎データです。

デュアルスイーパーの基礎データ

項目

データ

塗り射程

4.2

有効射程(スライド時)

3.4

確定数維持射程

3.1

確定数

4

連射フレーム

6F

秒間発射数

10.0

射撃ダメージ

28.0

キル速度

19F

キルタイム

0.317秒

デュアルスイーパーはメイン性能アップで疑似確定とできるので、それを前提に補正した ものが以下です。

デュアルスイーパー(疑似確)の基礎データ

項目

データ

塗り射程

4.2

有効射程(スライド時)

3.4

確定数維持射程

3.1

確定数(疑似確定)

3

連射フレーム

6F

秒間発射数

10.0

射撃ダメージ

33.3

キル速度

13F

キルタイム(疑似確定)

0.217秒

ケルビン525とデュアルスイーパーの対面性能に関わるデータを並べてみると、 以下のようになります。

ケルビン525とデュアルスイーパーの比較

項目

ケルビン525

デュアルスイーパー(疑似確)

有効射程(スライド時)

3.3

3.4

確定数維持射程

2.7

3.1

確定数(スライド時)

2

3

キル速度

10F

13F

キルタイム(スライド時)

0.167秒

0.217秒

こうしてデータを並べてみると、結構誤解していることがわかりました。

  • ケルビン525とデュアルスイーパーは射程はそれほど違わないと思っていましたが、 微妙に射程は負けており、確定数維持射程となると思っていた以上に 射程の差が大きい のです。 こっちの攻撃が届いていないのに、一方的に攻撃を受けることがあるのも納得です。

  • デュアルスイーパーはキル速が遅いと思っていましたが、疑似確を前提にすると キル速の差は 3フレーム(0.05秒)しかなく ほとんど変わらない。

射程差がありキル速も大して違わないのであれば、真正面から対面挑めば負けるのも当たり前です。

しかもケルビン525はしっかりスライド後の硬直がありますが、デュアルスイーパーは 硬直中もわずかに動ける というチート的な設定となっておりジャンプキャンセルという 飛び道具的な技でこちらが硬直している時も動けてしまいます。

ここからわかる教訓は、以下の3点です。

  1. 対等な武器を考えず、デュアルスイーパーに対面を挑まない。

  2. デュアルスイーパーについては、基本は不意打ちを狙う。

  3. どうしても対面する場合は、ケルデコであれば必ずシールドを使い一方的に攻撃できる状況で叩く

印象や思い込みでなく、ちゃんとデータで物事を認識するというのは大事ですね。

コメント

Comments powered by Disqus