ロジクール トラックボール ERGO M575 レビュー

(更新日時 )

カテゴリ:  Gadget タグ:  mouse
/images/2020/11/ergo-m575.jpg

ロジクールの10年ぶりの新トラックボール ERGO M575を購入したので、早速レビューしてみました。

本当はERGO M575なんて欲しくなかったんです…何故って?

私自身は現在使用中の KensingtonのSlimBlade Trackball が手の平全体で操作するトラックボールです。以前使用していた ExpertMouse も同様のタイプで、どちらかというと手の平で操作するほうが好みです。

そのため以前から親指で操作するタイプのトラックボールは避けていました。

そう、私は、トラックボールに関しては手の平全体で操作できるトラックボールの信者なんです。

ところが、10年ほど前から販売されているロジクールのM570という親指でボールを操作する タイプのトラックボールを指して、「これが最強のトラックボールである」という輩が います。個人的には「そんなことはない、手の平タイプがベストだ」と思っていたのですが、 ロジクールは2年ほど前にに MX ERGOという1万円以上もするトラックボールを 市場にぶち込んできました。

さすがに購入はしませんでしたが、絶賛する記事も多かったので、「そんなにいいのか?」と ちょっと興味を持ちました。

今回ロジクールがM570を10年ぶりの刷新して新トラックボール ERGO M575を発売したというので、 早速を購入しました。価格もまぁ適度にリーズナブルでしたから。

ERGO M575を知らなかったら人生の半分は無駄にしていた

ERGO M575は親指タイプのトラックボールですが、MX ERGOと比較すると非常にシンプルです。 通常の2ボタンと中央のホイール、人さし指部分にある「進む」「戻る」ボタンのみです。 ロジクールのLOgi Optionというアプリをインストールすると、ホイールを押し込んだ時の 動作と、人さし指部分のボタンのカスタマイズは可能です。

さて、実際にM575を使用してみると、慣れないので親指だけでポインターを操作するのに ちょっと戸惑います。ただし、普通の人がマウスから移行してきたなら形状がマウスに似ている ので早く慣れることができるでしょう。これは慣れの問題な気がします。

しばらく使っていると、トラックボールの操作で腕を全く動かしていないことに気付きます。 SlimBladeの時は手の平でボールを動かしていたので、ボールを操作するときに腕 全体を少し持ち上げたり操作に合わせて動かす必要がありました。ところがこの親指操作の M575ではボールは親指で操作するため、M575をホールドしている手の形はそのままですし腕を 動かすこともありません。

確かに楽です。

ポインターの操作に関して言うと、大玉の手の平タイプのほうが操作性が高いと思いますが、 腕の疲れや肩凝りにはこちらの方がよいかもしれません。

しかもワイヤレス(SlimBladeは有線でした)ですし、BluetoothでもUnifingUSBでも接続可能で 単三電池1本で20ヶ月持つなどロジクールの美点はすべて兼ね備えています。

試してすぐに転売しようと思っていましたが、もう少し使い続けようかと思います。

Title: ERGO M575
ASIN: B08L51XVLF

10年振りのアップデートとなるトラックボールマウス最新モデル

(2021-01-08更新)

やはり親指でボールを操作するトラックボールになじめず、ケンジントンのトラックボールに 戻しました。

コメント

Comments powered by Disqus