GoPro HERO バンドルの購入には注意しましょう!

カテゴリ:  Trivialities タグ:  gopro
/images/2020/12/disgusting-gopro.jpg

一見お得なGoProバンドル

GoPro Hero9 バンドルを購入しました。

Amazonなどで購入するよりも1万円以上お得です。 私が購入したときはカメラ本体が37,800円です。これにGoProの サブスクリプション 6,000円がセットになっています。サブスクリプションは不要でしたが、 セットなのでカメラ本体と併せて購入が必須です。

それでも通常にカメラ本体を購入するよりかなりお得です。

サブスクリプションは特に継続期間についての縛りもなく1年で止めることが出来ますし、 サブスクリプション会員はGoProのアクセサリーなどを50%オフで購入することができます。

良いことしかないように思えました、一見・・・

悪質なGoPro商法

早速オンラインで注文しました。

このオンラインの仕組みがいい加減で腐っていることに後で気付きました。

購入する際には以下のような操作になるようです。

  1. カートに購入するもの入れる

  2. チェックアウト

  3. サブスクリプションの紐付け

私の場合は、3の部分でブラウザが落ちてしまいオペレーションができませんした。 その時は、まぁ後でサポートにでも確認すればよいかと気軽に考えていました。

無言のGoProサポート窓口

最初はまずサポート窓口にコンタクトしました。

チャットなどの窓口はなくフォームでの問い合わせしかありません。そして、 いくらサポート依頼も出しても全く返答はありません。もう2週間以上経っていますが、 現時点でも全く回答がありません。

実質機能していないと思います。

仕方がないのでディスカッションボードに問い合わせが山のように書き込まれています。 被害者がたくさんいるようです。

ディスカッションボードでのGoProの担当者は親切で回答はしてくれます。しかし、 最終的にアカウントとサブスクリプションを紐付けるには注文番号が必要だとか。

領収書も送らない最悪のオンラインショップ GoPro

ここで気付いたのですが、注文後GoProから領収書らしきものは一切送られてきていません。

私は支払いのPayPalを使ったのでPayPalからの支払い通知などは来ていたので、 あまり気にしていなかったのですが。

PayPalで確認できるTransaction IDを伝えたのですが、GoProの注文番号がないと ディスカッションボードの担当者は対応できないとのことでした。 GoProサポート窓口にコンタクトしろとのことなので絶望しました。機能してないちゅーの。

無能はPayPalに悪質なGoPro

仕方がないので、PayPal経由でSellerにコンタクトするという機能があるので、 コンタクトしてみました。

PayPal上では、支払いはカメラ本体とサブスクリプションで2つに分かれています。

案の定「サポート窓口にコンタクトしろ」を繰り返すだけです。

仕方がないのでPayPalにエスカレーションしました。

しばらくすると、PayPalからSellerがShipmentのエビデンスの提示があったと 連絡がありエスカレーション自体が拒否されました。

どこまで無能なのかPaypalは! サブスクリプションだからUPSのShipmentの エビデンスがあるわけないだろう。それはカメラ本体のShipmentです。 GoProも意図的にやってるんでしょうか。

腹いせに、PayPalのカメラ本体のほうの請求から再度 クレームを入れているところです。

が、まぁ、泣き寝入りなんでしょうね。

価格は安いですが、本当に嫌な気持ちになるので多少価格が高くても Amazonなどで購入するほうがよいと思います。

コメント

Comments powered by Disqus