フィル・スペクター死去

カテゴリ:  Trivialities タグ:  current affairs
/images/2021/01/recording.jpg

偉大なプロデューサー フィル・スペクターが亡くなりました。

奇行で有名だったとの認識くらいはあるのですが、2003年に女優(ホステスだったとの話もあり) を殺害したとのことで終身刑になっているのは知りませんでした。「獄中で死去」という ニュースのタイトルに衝撃を受けました。

サウンドを幾重にも重ねていく "Wall of Sound"という手法で一斉を風靡したプロデューサー でした。私の世代だとその時代の曲は The Ronettes の "Be My Baby" を後付けで知っているくらいでしょうか。

むしろ The Beatles の アルバム "Let It Be" のプロデューサーとしての方が 通りがよいかもしれません。私はThe Beatles もリアルタイムではありませんが、 アルバム "Get Back"として録音されたセッションのテープにゴテゴテとオーケストラなどの 音を足し「台無しにした」と Paul McCartney が批判していたプロデューサーとして頭に刻まれています。

後にリリースされた別バージョンの "The Long and Winding Road" とフィルのプロデュースの アルバムバージョンを聞き比べると、 Paul の言わんとすることも「なるほど」と思います。

ビートルズの他のメンバーは評価しいて、70年代前半まではソロアルバムでフィルをプロデューサー に起用していてそれなりの実績は残しているので無能という訳ではなかったのでしょうが。 70年代後半からは奇行が目立ち、John Lennonなども銃で脅されたという話があるくらい もめ事も多かったようです。

1989年にロックの殿堂入りを果たしてるものの70年代後半からは実質的な第一線からは 消えていたので、勝手に引退したものだと思っていました。

最後の20年はなかなか衝撃な人生を送られていたのですね。

ご冥福をお祈りします。

コメント

Comments powered by Disqus