夏のロードスターライフ

カテゴリ:  Automotive タグ:  car roadster
海ほたるからの夜景

海ほたるからの夜景

夏になってルーフを開けることも無くなりましたが、新しいパーツもつけてますます楽しいロードスター生活です。

首都高周回

オリンピック期間で高速道路の利用が制限される代わりに深夜帯は半額なっているので、 首都高を周回しようと思って深夜帯に走ってみました。

ところが、うっかり大井JCTを通り過ぎてしまい、羽田空港の方に入ってしまいました。 このまま横浜方面に向かっても大黒PAもオリンピックで封鎖されているので、アクアラインに入って海ほたるでまったりしてみました。

深夜なので人も少なく、ボッーと月に照らされた東京湾からの夜景を眺めていました。綺麗でした。

道の駅スタンプラリー

5月から始めた 道の駅スタンプラリー ですが、今日は千葉最後の2駅を回ってきました。

道の駅 オライはすぬま

道の駅 オライはすぬま

最後は オライはすぬま です。

ここでいただいたイワシ丼は最高でした。

オライはすぬまのイワシ丼

オライはすぬまのイワシ丼

夏のオープンカー

オープンカーというと、一般の人には夏の日差しの中をサングラスかけてビーチ沿いを走っているイメージがあるかもしれません。 実際には夏はほとんどルーフを開けることはありません。なぜなら、あれはとんでもない地獄だからです。

まずジリジリとした日差しでエアコンが全開で稼働させても全く役立たずで、全身汗ビッショリになります。 直射日光で熱いだけでなく、肌や頭皮が紫外線で痛めつけられます。2時間も走れば全身がひどいことになります。 その上に蜂や蝉などいろんな虫が飛び込んでくるんです。リスク高すぎですね。

なので、今月になってルーフを開けたことがありません。

逆に冬はルーフを開けて走るにはベストなシーズンです。 走行風はほとんど入り込みませんし、エアコンの空気も逃げずシートヒーターもついているので真冬でもほとんど寒さを感じません。

知らない人からすると、「夏なのに折角のオープンカーでオープンにしないなんて 勿体ない」とか、「真冬にオープンなんてクレイジー!」なんて思うかもしれませんが、 オープンカーは冬の乗り物です。

コメント

Comments powered by Disqus