M1Pro を搭載した新MacBook Pro 14インチレビュー

カテゴリ:  Gadget タグ:  apple mac
/images/2021/11/mbp14.webp

予約していたM1 Proを搭載した新MacBook Pro14インチが届いたので早速レビューしてみました。

新MacBook Pro 14インチを購入した訳

今年 MacBook Pro を購入したばかりでしたが、新しく発表されたばかりのMacBook Pro 14インチを予約で購入しました。

購入した理由は、2つです。

  • 転職を機に、前職で有効だったApple製品の社員割引を最後に使おうと思った。(念の為、前職はAppleではありません。)

  • 今回Proと呼ばれる機種に合わせて、独自に設定された M1 Proチップを試してみたかった。

今年購入した13インチのMacBook Proは高性能と言われた2020年登場の M1チップを搭載していました。 確かに高性能ですが、M1チップは Airにも搭載されています。 何か納得が行かなかったものです。

今回のMacBook ProはAirには搭載されない M1 Proチップを搭載しているので、 性能的にも差別化が図られているはずです。

購入したMacBook Pro 14インチのスペック

今回購入した MacBook Proの仕様は以下のようなものです。

購入したMacBook Pro14インチ仕様

項目

仕様

チップ

Apple M1 Pro

コア数

10

メモリ

32GB

GPU

16コア

SSD

1TB

色はスペースグレーで、キーボードは英語にしました。

大きく印象が変わった MacBook Pro 14インチの外観

まずは外観からみていくと、想像以上に今までのMacBook Proと デザインの印象 が違います。

以前のMacBook Proは周辺部分が薄くなっていましたが、14インチのMacBook Proはフラットエッジでソリッドな印象が強くなりました。底面を見ると「MacBook Pro」というロゴが 掘り込みとなっているのもソリッドな印象を強めます。

全体の厚みを比べると 13インチモデルと1mm程度しか違わないのですが、随分としっかりした雰囲気となりました。

インターフェイス も大きく変わっています。USB Type-C一本だったのが、HDMIとSDカードスロットが復活し、USB Type-C/Tunderbolt4端子も左に2つ、右に1つと増えています。

充電用の MacSafeも復活しました。もっとも、私は CalDigitのドッキングステーション を使っているので、従来通り電源はUSB Type-C端子から取ることになると思います。 ただ、これだけインターフェイスが充実すると、外出時にUSB Hubも要らないかと思います。

筐体を開くと、 キーボード が大きく変わったのが目につきます。 賛否両論のTouch Barが無くなりました。私は普段外部キーボードを使っているのでTouch Barを使う機会がなかったのですが、嫌いではありませんでした。 Touch Barがなくなったこととベース部分が黒になったことで、全体にスッキリして引き締まった印象となりました。

指紋認証の Touch IDは以前よりしっかりしたボタンになっていました。

MacBook Pro 14インチの素晴らしい液晶と突出した性能

電源を入れて驚くのはディスプレイの美しさです。

ディスプレイ は、Liquid Retina XDRディスプレイが搭載されています。 1万個のミニLEDをバックライトに使ったディスプレイは非常に輝度とコントラストがよく ノートPCのディスプレイ品質としては最高です。リフレッシュレートが最大120Hzの「ProMotion」にも対応です。

あまりのディスプレイの品質に、ディプレイを痛めかねないキーボードカバーなどを付けるのは止めてしまいました。

横に画面が広いので、13インチから14インチというサイズの違い以上に画角が広がった ように感じます。

スピーカー は私は使っていませんが、鳴らしてみると音が素晴らしくてヘッドフォンをしているのかと勘違いしました。このサイズの筐体から出ていると思えないほど、ちゃんと低音からしっかり出てています。MacBook ProだけでNetflixを楽しむことも十分できるレベルの音です。

M1 Proの性能はM1の倍などとベンチマークなどは色々と出ていると思います。 Davince Resolveで試したところ、編集時のプレビューでは MacBook Pro 13インチで 感じるもたつきが全くなくM1 ProやGPUの違いを明らかに感じます。 レンダリング処理では確実に早くはなっていますが、プレビューほど違わないように思います。

MacBook Pro 14インチの困った点

発売する前から言われていた MacBook Pro 14インチの欠点ですが、まるで スマホのように液晶上部にある切り欠き(ノッチ)です。 枠ギリギリまで液晶となっているので、カメラを収めるためにはまぁ仕方がないのでしょう。在宅勤務でWEB会議も多く、カメラは大事ですからね。

Macのメニューバーの中央部分がちょうど欠けます。普通の人は問題ない場所かなと思いますが、私は Sensei のモニターを常駐させているので、一部の常駐しているアイコンが見えなくなってしまいます。

仕方がないので、Macのメニューを整理できる Bartender を購入してノッチ部分を避けるようにメニューアイコンを配置するようにしました。

まとめ

デザインや性能を見ても、 新しいMacBook Pro 14インチは非常に完成度の高いモデルだと思います。

  • これまでの MacBook Proで不満があった部分がほとんど解消されています。

  • ディスプレイの品質、筐体のデザイン、圧倒的な性能は、ほとんどのノートPCを凌駕しています。

ただし、コストパフォーマンスでみると、これまでのMacBook Proに比べると一段劣ります。 私も転職などの事情がなければ奮発しなかったと思います。とにかく性能が必要で金を払っても解決するという方には最高のモデルです。

コメント

Comments powered by Disqus