最強のチタン製 G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR

カテゴリ:  Gadget タグ:  g-shock watch
GMW-B5000TCF-2JR

GMW-B5000TCF-2JR

チタン製フルメタルでカモフラージュ柄という最強のG-Shock GMW-B5000TCF-2JR を購入しました。

日本の技術に感心して買ってしまった

このモデルは以前からチタン製の5000系で気になっていたのですが、 すでに G-SHOCK GW-5000-1JF を持っているので全く買う気はありませんでした。「カモフラージュ柄」 も好みとは言えません。

発売から時間が経っていますが、気になってカシオのサイトを眺めていました。

GMW-B5000TCF-2JR のチタンにこの青みをかけた プルーのイオンプレーティングを施し さらに3種類のドットをレーザー彫刻で正確に描き全体でカモフラージュの 模様を作っている・・・・という説明を読みながら見事というしかないなと 思いました。

さすが、日本の技術です。

これは今買わないともう買えないのではないか、今もう発売から時間が経ってるからもう買えないかも。

今しかない!

で、買っちゃいました。

G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JRの化粧箱

届いた箱を開けると、立派な化粧箱に入っていました。

GMW-B5000TCF-2JRの化粧箱

GMW-B5000TCF-2JRの化粧箱

たまりません、 GMW-B5000TCF-2JR は化粧箱にも本体と同じようなカモフラージュ柄がドットで描かれています。 「開封の儀!」ってやりたくなりますね。

内容物は本体と薄い説明書だけで意外とスッキリしています。まぁ、G-SHOCKの使い方なんざ 今更説明も不要でしょうし、このモデルはスマホアプリのG-SHOCK Connectと連動し説明書はそちらでも参照できます。

バンドの調整は自分でやろうと思いましたが、チタンの綺麗なベルトを見てキズつけるのが怖くなって近所の時計屋さんにお願いしました。880円でした。

緻密なチタン製のGMW-B5000TCF-2JR本体

箱を開けると GMW-B5000TCF-2JR ができてます。保護用のテープを外した状態です。

緻密なGMW-B5000TCF-2JR本体

緻密なGMW-B5000TCF-2JR本体

いやぁ、かっこいいです。

遠目で見ると確かに「カモフラージュ柄」なんですが、近くで見ると大中小のドットが整然と 並んで模様を構成しているのがわかり、その緻密に鳥肌が経ってきます。

カモフラージュ柄のため、一見すると普通のG-SHOCKにも見えます。が、近くで見ると チタン製のフルメタルのボディでさらに青く輝く様は精緻なメカの凄みを感じます。

本体は見た目から想像する重さは全くなく、非常に軽く感じます。 GW-5000-1JF がずっしり重いのでちょっと拍子抜けにも感じますが、これがチタン製の恩恵というものでしょう。

GMW-B5000TCF-2JRのスクリューバック

GMW-B5000TCF-2JRのスクリューバック

バックは、 GW-5000-1JF 同様に耐久性の高いスクリューバックが使用されいます。

GMW-B5000TCF-2JRの使用感

GW-5000-1JF との違いで一番大きいのは、チタン製であることでかなり軽量になっていることです。 「ずっしり重い方が時計らしいな」と最初は思っていましたが、これだけ軽いと装着している負担もかなり少ないのか つけていることを忘れるくらい楽です。仕事の時はデスクで時計を外すことが多いのですが、この GMW-B5000TCF-2JR はあまりに楽なのでそのまま仕事しています。

次にG-Shock Connectアプリでのスマホ接続です。 できることは少なくあまり評価していなかったのですが、使ってみて意外に良いなと思いました。

  1. 電波での時計合わせは深夜帯しかうまくいかず時間がかかりますが、G-Shock Connectでの時間合わせは非常に楽ですし正確です。

  2. 時計のボタンを何回も押さなければならない操作体系は老眼が入ってくると辛いのですが、アラームセットなど時計の操作もスマホからできるようになるので操作も楽になりました。

という訳で意外に気にっています。

まとめ

GMW-B5000TCF-2JR

GMW-B5000TCF-2JR

バンド調整に行った時計屋さんでも「よく買えたね、 GMW-B5000TCF-2JR は、もうほとんど手に入らないよ。」と言われました。

究極の5000系として GW-5000-1JF とともに大事に使っていきたいと思います。

関連記事

コメント