Alchemy of Souls (還魂) レビュー

カテゴリ:  Entertainment タグ:  films
/images/2023/01/10/naksu.webp

Netflixで昨年からハマっていた韓国ドラマ「還魂」シーズン2の最終話をついに見終わりました。

「還魂」とは

「還魂」はNetflixオリジナルのドラマで 英語タイトルは "Alchemy of Soul (魂の錬金術)" です。 韓国で制作され原題が「還魂」と漢字なので日本人にはこちらのほうはピンと来ますね。

魂を入れ替える「還魂術」によりねじ曲げられた運命を背負った主人公と ヒロインが様々な障害を乗り越え、成長して行くファンタジードラマです。

架空の国で時代設定も架空ですが、日本で言う平安時代に近い朝鮮半島 をベースにしているようです。服装などは中国風を現代風にアレンジしており ビジュアルは格好いいです。

見始めたきっかけを今思い返してみると、 シーズン1の第一話の冒頭の暗殺者ナクスと松林 [1] との凍った湖での戦いシーンに引き込まれたためです。 CGも駆使した圧倒的な戦闘シーンとコ・ユンジョン演じるナクスのクールさが 印象的でした。

シーズン1では、ナクスは怪我を負い還魂によってチョン・ソミン演じる ムドクとして物語が進みます。

基本的にはファンタジーですが、ミステリー、ゾンビ、ロマンス、コメディ などの要素が盛りだくさんですが、特にチョン・ソミンをヒロインに据えた ことでドラマとして各要素のバランスがいい感じだったのだと思います。

シーズン1は全20話ですが、非常にテンポよくストーリーが進むので あっという間に見終わると思います。

期待の「還魂」シーズン2

シーズン1は思いの外悲惨な結末だったので、シーズン2はかなり期待していました。

ヒロインがチョン・ソミンからコ・ユンジュンに変わっています (物語上は、ムドクの体にナクスが入っているのでナクスの顔になったと 説明されています)。

シーズン2ではどちらかというダークな物語とロマンス中心という印象で 多彩な要素で楽しめたシーズン1とは趣がちょっと違います。

「物足りない」という意見もあるようですが、圧倒的な美形のコ・ユンジュンを 生かしたシナリオであるし、絶対的な力を手にしてしまった主人公ウクの 設定から「主人公の成長」から物語のフォーカスが変わってしまうのは当然かと思います。

シーズン2は全10話と駆け足感はありますが、シーズン1からの伏線も回収し 火の鳥と戦うウクのシーンとシーズン1冒頭のナクスのシーンが同じ凍った 湖上で、2人が陰と陽の対比であることがシーズン通して分かったりと 大変楽しめました。

2022年では一番楽しめたドラマです。

脚注

コメント