読了『プロジェクト・ヘイル・メアリー』

カテゴリ:  Entertainment タグ:  books

久しぶりに読んだSF『プロジェクト・ヘイル・メアリー』は痛快でした。

科学がプロットを進めるSFらしいSF

プロジェクト・ヘイル・メアリー 』は上下巻あり結構なボリュームでしたが、久しぶりに一気に読んでしまったSFらしいSF作品でした。

ネタバレになるのでストーリーについては多く書きませんが、ジェームス・P ・ホーガンを彷彿させるような科学が物語を進める上での重要なファクターに なっています。SFなのでもちろんどこかに虚構が入っているのですが、 それを感じさせないほど精緻に科学を積み重ねてプロットされています。

というと読みづらい印象かもしれませんが、主人公が困難を科学で乗り越え その結果また大きな波乱があり更に知恵を絞って科学で対処するストーリーは 緊張感があり次の展開を早く知りたくなります。

物語のスタート時点では主人公は記憶をなくして宇宙船にいますが、 現在と過去が交互に描かれ徐々に主人公が記憶を蘇らせ、同時に物語も 加速的に進行していきます。

この最初の部分は時間軸が行ったり来たりすること、一向にストーリー が進行しないので、若干読むのに疲れました。

しかし、上巻途中からは一気に読み終わってしまいました。

コメント