Razor Kraken

Razor Rraken とは

年明けから Nintendo Switch を購入して今更ながら スプラトゥーン2 にハマっています。つい深夜まで 遊んでしまうことも多いので、ゲーム用のヘッドセットを購入することにしました。

eスポーツでFPSとかやってるを見ていると、みんなヘッドセットをしてますしね(スプラトゥーン2は TPSですが)。ただ、本格的にやってる方を見てると数万円台のヘッドセットを使っている ようです。さすがにそこまでは出せないので、1万円前後で評判がよいものを探してみました。

見つけたのが、Razer Kraken Pro V2 です。スプラトゥーン2のまとめサイトやAmazon での評価もとても高くよさそうです。が、購入しようとすると、新しい後継機種が出る とのことだったので、そちらを購入しました。

Pro V2との違いは主にパットの厚みを増したり、イヤークッションに冷却ジェル注入の ものを使ったりと装着性の向上が図られたようです。

Razor Kraken

Razor Kraken

製品には本体とケーブルが入っています。本体のジャックはヘッドフォンとマイクを 同時に使うため、3.5 mm オーディオ+マイク混合ジャック(4極ステレオミニ)となって います。このため、一般的なオーディオジャックとマイクジャックに分配するための コードが入っています。

Razor Krakenの装着感

装着してみると、確かに非常に快適です。

イヤーカップはすっぽり耳を覆ってくれますし、クッションは非常に柔らかく 全く耳が痛くなりません。アーム部がごついので心配していましたが、締め付けも まったく強くなく優しい感じです。

耳が圧迫されておらず、冷却ジェル入りイヤークッションや熱伝導ファブリック のおかげか耳が蒸れることもなく長時間装着していても、非常に快適です。

圧迫感はありませんが、密閉感はしっかりしており周りの音はある程度 シャットアウトでき、ゲームに没頭できそうです。

接続の際は分配コードをつなげているので、おそらく5m近く長さがあり 動きを制約されることもありません。

Razor Krakenの音質は

音質のほうは、高音域をある程度カットし中・低音を強調するように 意図的に音を作っているのかなと思います。

従って、音楽鑑賞にはあまりおすすめしません。

しかし、ゲームでは非常に臨場感のある音となり、発射音や爆破音など ものすごい迫力です。

音の定位もしっかりしており、本当に背後の敵の音で気づいて何度も助けられ ました。確かにスピーカーや安いイヤフォンで聞いているのとこのヘッドフォンで プレイしているのでは、ちょっとした音の聞こえ具合が全く違っていて確実に 索敵能力や危険回避能力が上がります。eスポーツの本格的な競技で高価な ゲーム用のヘッドセットをつけているプレーヤーが多いのもうなずけます。

それに、このヘッドセットは見た目もかっこ良く、特にこのグリーンの色は スプラトゥーン2のイメージに合っているので気分もかなり違ってきます。

実際このヘッドフォンをつけてから スプラトゥーン2 での勝率がかなり上がり、黒ザップで走り回りながら敵を倒す喜びに浸っています。

スプラトゥーン2の場合、ボイスチャットは一部の機能に限られておりボイス自体は スマホを使う必要があるので、今のところ私使っていません。サーモンランなど チーム内で声を掛け合えたらよいなとは思いますが。

いずれにしろ、FPSやTPSゲームにハマっている方にはそれほど高価でなく ゲームに特化したこのヘッドフォンはおすすめです。