音楽配信サービス AWA を試したが

カテゴリ:  Tech  タグ:  awa music spotify
/images/2021/07/awa.webp

Spotifyの年間プランの切り替え時期なので、ちょっと気分を変えて国産の音楽配信サービス AWAを試してみました。

AWAとは

AWAとは、サイバーエージェントとエイベックス・デジタルの共同出資によって設立された音楽配信サービスです。

配信楽曲数は世界最大規模の6,000万曲以上で、SpotifyやAmazon Musicと比較しても全く遜色なく、 むしろ邦楽はこれらにのサービスより充実していると言われています。月額料金や配信される音楽のビットレートなどもどのサービスも似たようなものです。

AWAはPC/Mac/iPhone/Android、Amazon Fire TVなど主なプラットフォームはカバーしていますし、Carplayにも対応しています。 視聴環境もSpotifyやAmazon Musicと比較してもほぼ優劣を付け難い印象です。


続きを読む 

メールアプリ MailMateに移行しました

カテゴリ:  Tech  タグ:  mac mail software
/images/2021/07/mailmate.webp

Apple Mailがもっさりしているので、Macで使用するMUAを MailMate に移行しました。

MailMateを選択した理由は、以下のような点が気に入ったからです。

  • SpamSeive をサポートしています。

  • とにかく全体が軽快です。

  • ショートカットが充実しており、キーボードでも軽快に操作できます。

  • Subjectのダブルクリックで関連メールだけののスレッド表示になったり、 スレッド表示に切り替えなくてもスレッドアークと呼ばれるメール間のつながりをグラフィカルな曲線で見せてくれます。

  • Composeはテキスト指向ですが、Markdownでリッチなメールも作成可能

  • Compose時には外部エディタを呼び出せる。

  • メール検索にメタ情報を複雑に指定した条件を指定可能

  • OpenGPGもデフォルトでサポート

MacのFLAC音楽プレイヤー Swinsian

カテゴリ:  Tech  タグ:  mac music software
/images/2021/07/swinsian.webp

Macbookを買い替えてから徐々に環境を整えていましたが、 FLACファイルを聴くために 昨年購入したAudirvana がサブスクリプション・モデルに移行しており、しかも結構高価です。

仕方がないので、代替として Swinsian を購入しました。

Amarraや JRiver Media Centerなども検討しましたが、以下の理由でSwinsianに落ち着きました。

  • JRiver Media Centerと並んで音質が良く、Audirvanaよりも音が良い

  • ユーザーインターフェイスがシンプルで好み

  • 相対的に安い

動作も軽快でおすすめです。

Base Pastaに替えてZENB Noodleを始めました

カテゴリ:   タグ:  diet zenb
/images/2021/06/zenb1.jpg

完全食を謳うBase Noodleをいただいていましたが、ミツカンが発売しているZENB Noodleを試してみました。


続きを読む 

懐かしの塩らーめんをアレンジしてみた

カテゴリ:  Dining  タグ:  ramen
/images/2021/06/sio-ramen.jpg

30年ぶりくらいにサンヨー食品の塩らーめんをいただいてみました。 サンヨー食品というより、「サッポロ一番」というブランド名の方が通りが良いでしょう。


続きを読む 

読了『進撃の巨人 最終巻』

カテゴリ:  Entertainment  タグ:  books comics
/images/2021/06/tree.jpg

『進撃の巨人』最終巻を読み終わりました。

Title: 進撃の巨人(34)
Author: 諫山 創
ISBN-13: 978-4065234174
ISBN-10: 4065234174

「進撃の巨人」ついに完結

最終巻は盛大に伏線回収していたので、結局遡って読み返したりして時間がかかってしまいました。 まだ完全に読み解けていないので、時間がある時に1巻からきちんと読み直してみたいと思います。


続きを読む 

Sublime Text 4リリース

カテゴリ:  Tech  タグ:  editor sublimetext
/images/sublime.jpg

モダンなエディタの走りと言われた Sublime Text ですが、今やすっかりVisual Studio Codeに押されて存在感が薄れている印象がありました。

そんな Sublime Text が5月末に2年半ぶりのメジャーバージョンアップを果たし、 Sublime Text4となりました。

今回レンダリングにGPUも利用されるようになり、軽快な動作がさらに速くなったと 言われています。また、自動補完エンジンが書き直されてコードに応じたスマートな 補完ができる様になった様です。

何度かしましたが長続きしなかった Sublime Text ですが、今回は以下の様な理由から しばらく試してみて、場合によっては購入しても良いなと思っています。

  • 元々軽快なエディタなので、今回のGPUの利用がどこまで効果があるのかわかりませんが、 非常に軽い。

  • VintageousというVimとの互換性を提供するプラグインを使っていましたが、 現在はNeoVintageousというプラグインが公開されており、Vimからの移行がさらに楽になっている。

  • 最近ターミナルは見辛くなってきているので、やはりレンダリングの美しいエディタは編集作業が楽に感じる。

Pythonの言語環境管理をPyenvからASDFに

カテゴリ:  Tech  タグ:  asdf python
/images/programming.webp

Pythonの言語環境切り替えにPyenvを使用してきましたが、ASDFに切り替えてみました。

理由はいくつかありますが、Pythonだけなく多くの言語を同じインターフェイスでバージョンの 切り替えを可能にできるASDFの方が扱う言語が増えてくると圧倒的に楽だと思えたからです。

Macの場合は以下の様なステップで簡単に導入できます。

# asdfのインストール
$ brew install asdf

# ここでasdfのガイドに従って以下のような設定を.zshrcに追加する必要があります。
# . /opt/homebrew/opt/asdf/asdf.sh

# Pythonプラグインのインストール
$ asdf plugin add python

# Python 3.9.5のインストール
$ asdf install python 3.9.5

# グローバルで使用するPythonのバージョンを指定する。
$ asdf global python 3.9.5
$ asdf reshim python

# ちゃんと指定のバージョンが動くか確認
$ python -V
Python 3.9.5

この例ではグローバルの指定しかしていませんが、Pyenv同様ローカルで別のPythonのバージョンを指定することもできます。

隣にトヨタスープラ

カテゴリ:  Automotive  タグ:  car supra toyota
スープラ

スープラ

車で買い物から戻ってきたら、うちの駐車場の隣にスープラが止まっていました。

隣は先代のNSXのオーナーさんで、週末にはいつも手入れされて丁寧の乗られていて、 別に先代のビートも乗っていらっしゃるので、すっかりホンダ愛一杯の方だと思っていました。

そういえば、うちの車を買い替えた時に色々話しかけていただき、やっぱり旧車はメンテが 大変だとおっしゃっていたので、買い替えたのかな。

ボディ色も同じで、シルエットも似ているのでなんとなく兄弟のような印象ですね。

CalDigit TS3 Plus/Thunderbolt Station 3 Plus

カテゴリ:  Gadget  タグ:  mac
/images/2021/06/caldigit.jpg

MacBook Pro 13を購入しましたが、以前のMacBook Pro 15と比較するとポートが圧倒的に少ないので、ドッキングステーション CalDigit TS Plus を購入しました。

Title: CalDigit TS3 Plus/Thunderbolt Station 3 Plus
ASIN: B07GWDK66G

TS3 Plusを使用すると、ノートブックの1つのThunderbolt 3ポートが15ポートに拡張されます!

これ一つで以下の入出力を拡張できます。

  • ACアダプタも不要となり、電源も兼ねることができる。

  • USB Type-A 端子が5つ用意されている

  • USB Type-C 端子が4つ用意されている。うち1つはPCとの接続用なの実質的には3つ。うち1つはTunderbolt 3

  • SDカードリーダー

  • 1Gbspの有線LAN

  • DisplayPort

  • 光オーディオ

  • イヤフォン、マイク端子

もうなんでもありで、これで足りない人がいたら多分使い方がおかしいです。

私は、HappyHackingKeyboard、マウス、外部HDDで、外部DACでUSB Type-A端子を4つ使用しています。また、DisplayPortから外部ディスプレイを使って2画面を使用してます。

これだけ使っても、CalDigit正面のUSB Type-A/Type-Cの端子は未使用ですし、背面のUSB Type-C 端子も使っていないので、さらに外部ディスプレイを追加したり機器を追加したりも余裕です。

ANKERのものと迷いましたが、外部ディスプレイとの接続の安定性などの面で評判が良い CalDigitにしてよかったです。海外で The Best Thunderbolt 3 Dockと評判になるのも頷けます。

注意点としては、DisplayPortから出力をとる場合、アクティブタイプのアダプターでないと 出力できないので、アダプターを間違えない様にしましょう。

Title: StarTech.com DisplayPort - DVI 変換アダプタ アクティブ
ASIN: B004SUO1GM

ビデオ画質を劣化させずにDisplayPortビデオソースをDVI-Dディスプレイに接続。