iOS から Android への移行

iOSからAndroidへの移行をほぼ完了したので、まとめておきます。

メール/カレンダー/連絡先

まず、標準のメール、カレンダー、連絡先です。

サービス iOS Android 補足
メール Apple Mail Gmail 一応iCloudメールもIMAPで接続
カレンダー カレンダー カレンダー サービスをiCloudからGoogle Calendarに移行
連絡先 連絡先 連絡先 サービスをiCloudからGoogleに移行

この辺りはさすがに標準アプリで対応できます。サービスをiCloudからGoogleに 移行すればよいだけでした。メールとカレンダーはそれほど真剣に使っていなかった ので、メールや予定の移行はしませんでした。

連絡先の移行については、iCloudで同期していたMacの「連絡先」から、エクスポートして Googleにインポートをかけました。

メッセージング

種類 iOS Android
通常 Message Message, Line
家族間 Threema Threema, Hangout

通常メッセージングについては、iCloudのMessageでした。これで、iPhoneユーザーと iCloudベースのメッセージとなりますし、そうでないユーザーとはSMSで会話できます。 Lineは好きではないので使用していませんでした。

Androidのメッセージは、SMSしかサポートしていません。これでは通信ごとに費用が かかってしまいます。かといって、Hangoutをインストールしているユーザー、特に iOSユーザーはほとんどいないんでしょう。仕方がないので、Lineをインストール しました。

家族間では暗号化できるメッセージアプリ Threemaを使っていました。Androidでも リリースされていたので、同じアプリをインストールしました。ただ、iOSの時には 感じなかった遅延が発生することがあったので、Hangoutも併用することにしました。

写真・音楽

種類 iOS Android
音楽 Music,Spotify Google Play, Spotify
写真 写真 フォト

音楽については、iTunesで管理しているものは、MacでGoogle Playにアップロードして 同期をかけました。Spotifyも使っていたので、Androidでもアプリをインストールしています。

写真については、それぞれ標準のアプリです。以前の写真は移行していません。 撮った写真はMac上の「写真」で管理しているので、Mac上でGoogle Photoから 定期的にダウンロードして「写真」にインポートしようと思います。

SMS

SMS iOS Android
Twitter Tweetbot4 Owly
Pnut.io Chimpnut Beta

iOSではTwitterにはTweetbot4を使っていましたが、Androidで人気のある Twitterアプリを見てみると、国産アプリが人気のようですがどれも低脳そうな アプリ名です。機能的にも「はぁ!?」というようなものばかりした。

唯一センスが良さそうなのが、Owlyというアプリです。インターフェイス やGoogle Playの説明が日本語になっていないんで、そういう客層には 敬遠されているんですかね。

Pnut.ioはChimpnutを利用していましたが、適当なアプリがないので Chrome経由のBetaのショートカットを置いて使っています。

その他の必須アプリ

iOSでも使用していて、「これは必須だな」と思っていたアプリはほとんど 同じアプリがありました。

種類 アプリ
パスワード管理 1Password
TODO管理 Toodledo
乗換案内 乗換案内
名刺管理 Eight
ニュース SmartNews
新聞 産経電子版