Google HomeとGoogle Chromecastを連携する

今更Google Homeを入手した理由

すでにAmazon Dotを購入しているので、今更Google Homeを買おうとは思っていませんでした、先月までは。

Google Homeを入手したきっかけは、会社でいくつかの製品から好きなものを選択できる賞をいただき、 その中の選択肢にGoogle Homeがあったことです。

Chromecastの記事 で書いたように、Google Homeと Google Chromecastを連携させたいというが一番の理由です。

Google Home単体でできること

Google Home単体でできることは、Amazon Dotなどとあまり変わらないです。

  • 音楽の再生
  • ニュースの再生
  • 天気予報
  • アラーム・タイマー
  • 翻訳
  • 株価
  • 言葉の検索

Amazon Dotの場合は株価などはスキル登録しなければ確認できませんが、Google Homeは特に設定は必要ありません。まぁ、この辺りは連携しているサービス や設定で違ってくるものなので、優劣というほどではありません。

もしGoogle Calendarを使用していれば、ダイレクトに連携できるGoogle Home は便利に感じるかもしれません。

以前はAmazon DotはSpotifyをサポートしておらず個人的に利用しているSpotifyが 使えるGoogle Homeに魅力を感じていましたが、現在はAmazon DotでもSpotify のサポートも始まったので特に大きな差はなさそうです。

やはりGoogle Homeの魅力は、Google Chromecastとの連携でしょうか。

Google HomeとGoogle Chromecastを連携させる

Google HomeとGoogle Chromecastを連携させると、Chromecastとテレビの操作を 音声だけで行うことができます。

例えば、「Ok Google、 Huluから有吉反省会を再生」と指定をすると、「Huluから 有吉反省会ですね。テレビで再生します」(これはChromecastのデバイス名を「テレビ」 としているためです)と答えてくれます。そしてテレビの電源が入っていなくても テレビの電源をオンにしてChromecastから動画を再生してくれます。

そして、「Ok Google、テレビを消して」という命じると、テレビの電源を落としてくれます。

「1分進めて」「30秒戻して」「一時停止して」なども受け付けてくれます。音量も コントロールできます。

Youtube、Netflix、AbemaTV、GYAO!など主だったものには対応していますし、Google Photo と連携して、「去年の写真を見せて」なども可能です。

これは寝っ転がっていたり、ながらテレビの友としては最高です。