Macに最適な動画編集ソフト

せっかく キャプチャーボードを買った ので動画編集でもしてみようと思いました。 今Macでの動画編集は何を使えばいいんでしょうか?

本格的にやるわけではないので、Final Cut Proのような高価なアプリを購入する気は ありません。もう少し安価な動画編集アプリから候補を挙げてみました。

iMovie

Apple ご謹製の動画編集アプリです。 上位のアプリに Final Cut Proがあるので、 音楽制作ソフトで言うところのLogic Proに対するGarage Bandのようなものでしょうか?

普通に動作していれば、簡単に編集できますし十分な気がします。が、うちのMacでは 時々調子が悪く突然落ち出すとMacの再起動をかけないと安定しません。

UIはちょっと変わっていて最初は戸惑いますが、動作さえ安定していればこれで十分かなと 思いました。

ApowerEdit

ApowerEdit は、香港発の動画編集アプリです。

動作自体は安定していますし、操作もシンプルで特に戸惑うようなことはありません。

致命的なのは、テロップのセンスがちょっと合わなくてどれも使う気になりませんでした。 海外の方がホームビデオを編集して誕生会などの動画を作るのかなぁというようなセンスの テロップです。

まぁ、あとは彼の国の会社だとちょっと敬遠したくなりますね。

Filmora

Filmora は国産の動画編集アプリです。

動作も安定しており、操作も直感的に分かりやすく、日本人好みテンプレートや テロップ、トランジション効果なども見栄えがするものばかりです。

サポートも強力で開発元からは動画や静止画、フォントなどの素材も無料で 提供しているところなども好ましい限りです。

価格は9千円近くとちょっと高価ですが、機能からするとずいぶんとお買い得 な印象です。「これに決定!」と購入しました。

が、後で判明したのはフォントの不具合です。(あ、開発元は「仕様」と 認識されていました)

Filmoraではテロップなどで使うフォントの指定は、どうやらApple奨励の 方法でフォント一覧を取得しておらず、特定のフォルダにフォントがある という決め打ちで実装されているようです。具体的に言うと以下のフォルダです。

  • /System/Library/Fonts/
  • /Library/Fonts/
  • ~/Library/Fonts/
  • ~/Library/Application Support/Wondershare Filmora9/Fonts/

私はMojimoという有償フォントを使用していますが、こういったフォントは ライセンス管理のためかフォントファイル自体の場所は秘匿されており、 通常フォントが置いてあるフォルダを見ても有償フォントファイルは見つかりません。 Fontbookを見てもフォントが表示されません。ただし、通常のアプリケーションから フォントを指定する際はちゃんと普通に表示されます。

標準のフォント指定の方法でなく自前でフォントファイルからフォント リストを作っているFilmoraでは対応できないのです。

これはちょっと致命的です。

購入していましたが、事情を問い合わせると詳細に調査していただきました。 結果として「仕様」なので解決できないと判明したところで、払い戻しの提案を くださり開発元のサポートは素晴らしい限りです。

いつかフォント問題が解決したら、検討したいとおもいます。

そういったフォントを使用していない方はとってもおすすめです。開発元の Wondershareでは動画映えするフォントの配布もされているので、そういった フォントで通常は十分かもしれません。

LightWorks

無料で使用できる LightWorks です。

ちょっと触った感じだと、インターフェイス自体はかなり異色でいろいろと 戸惑いますが、まぁ、無料ですし。機能もシンプルでよい感じです。

試しに編集した動画です。

当面はこれを使っていこうと思いました。